東紀州ほっとネット くまどこ
三重県東紀州をつなぐ地域ポータルサイトです。
くまどことは? | よくあるご質問 | お問い合わせ
サイト内検索
ホーム | サイトマップ | 初めての方へ
〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 地域別ページ >> 紀宝町 >> ニュース >> 只今、紀宝町まなびの郷で「令和2年度鵜殿西遺跡の調査成果展」開催中【2/28迄】
地域別ページ

紀宝町
紀宝町トップページ|ニュース|おすすめリンク地元リレーエッセイアクセスマップ | くらしの情報 | 店舗情報防災情報

ニュース

只今、紀宝町まなびの郷で「令和2年度鵜殿西遺跡の調査成果展」開催中【2/28迄】(2021/02/15)  

 三重県埋蔵文化財センターでは「令和2年度鵜殿西遺跡の調査成果展」を紀宝町生涯学習センター「まなびの郷」【地図】でこの2月13日(土)から2月28日(日)まで開催します(開館時間は9時から21時・期間中無休)。

 この鵜殿西遺跡は紀宝町鵜殿に所在する遺跡で、一般国道42号新宮紀宝道路建設事業に伴い、平成30年度より三重県埋蔵文化財センターが発掘調査を行っており、このほどの調査では、室町時代の有力者の居館を区画する溝や建物跡などが確認されました。

 ぜひ、この機会にご覧ください。



<概要>
1 展示名
   「令和2年度鵜殿西遺跡の調査成果展」

2 期間
   令和3年2月13日(土)から令和3年2月28日(日)まで
   9時から21時まで
   ※休館日:なし

3 場所
   紀宝町生涯学習センター「まなびの郷」 1階エントランスホール【地図
   (三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿1147-2)

4 内容
・鵜殿西遺跡の令和2年度調査成果について、出土した遺物や解説パネルを展示します。
・今年度の発掘調査では、室町時代の居館(有力者の館)を区画する溝が6条見つかったほか、建物4棟、井戸・土坑などを多数確認しました。
・出土した遺物は、瀬戸・美濃(愛知・岐阜県)産の陶器碗や南伊勢(三重県)産の土師器鍋(はじきなべ)、西彼杵(にしそのぎ・長崎県)産の石鍋、中国産の青磁碗など、日本各地や中国で生産され、鵜殿西遺跡に運ばれてきたものです。
・このほか、照明に使用した灯明皿(とうみょうざら)や漁に使用した土錘(どすい)、縄文土器も展示します。
・これまでの調査の結果、鵜殿西遺跡では東西・南北に溝を巡らせて土地を区画し、有力者の館を中心に、14棟の建物が存在したことが判明しました。区画溝は13世紀前半頃(鎌倉時代)につくられ、15世紀から16世紀中ごろ(室町時代)に埋没したと考えられます。
・熊野川河口部に位置する鵜殿西遺跡は、熊野三山への玄関口として、海を介した交易で栄えた遺跡と考えられます。

5 主催・後援
   主催 三重県埋蔵文化財センター
   後援 紀宝町教育委員会 

6 その他  
・感染症対策の観点から、検温やマスクの着用、手指の消毒等にご協力いただきますようお願いします。
・発熱や咳等の風邪症状がみられる方は入館をご遠慮ください。
・ご覧いただく際には、ソーシャルディスタンスや静かな鑑賞機会の確保にご理解とご協力をいただきますようお願いします。


>>関連リンク


バックナンバー
最新ニュース

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.