東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベントカレンダー >> 2018 年 1 月 >> 詳細
イベントカレンダー
2018 年  1 月

【地域ごとの表示に切り替え】
東紀州全域 | 紀北 | 紀南 | 紀北町(旧紀伊長島町、旧海山町) | 尾鷲市 | 熊野市(旧熊野市、旧紀和町) | 御浜町 | 紀宝町(旧紀宝町、旧鵜殿村) | 紀宝町(旧紀宝町、旧鵜殿村) | 東紀州以外

にらくら祭 船上神楽・角力取(九鬼浦正月・梼屋行事)】※例年1月1日開催 尾鷲市
日程: 1 月 1 日( 月 )
時間: 31日)19時頃 1日)船上神楽 6時半〜 にらくら 9時〜 
場所: 真巌寺、にらくら、九木神社(九鬼町)
URL: 九鬼祭りドットコム http://www.kukimatsuri.com/
にらくら祭りの模様(くまどこイベント報告) http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=948
【会場周辺地図】九鬼町のにらくら http://yahoo.jp/1Vy8Xg
お問い合わせ: 尾鷲市水産商工食のまち課 観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX: 0597-23-8225
内容:  この大晦日から元旦にかけて尾鷲市九鬼町において正月梼屋行事(※)として「にらくら」まつりが開催されます。
 まず大晦日の12月31日には地区内の石垣で囲われた空地(※※)のにらくらで「ひょうけんぎょう」と呼ばれる火祭りが行われます。
 そして翌日の元旦には早朝から船上での豊漁祈願神楽と「にらくら」を泥田にした状態で炭の泥を掛け合う「にらくら」祭り(上の祝、角力取)が行われます。

 大晦日の行事は悪病を火で焼きはらい、そして元旦の行事は黒い泥をかけあって諸病や災害をのがれるという意味があり、中世からつづく正月の伝統行事です。
 是非、九鬼町の珍しい行事をご覧ください。
※なお九鬼の正月梼屋行事はこのにらくら祭(12/31〜1/1)と鰤祭り(1/2〜3)をあわせたの計4日間を指します。一昔前は6日間行われていました。
※「にらくら」は空地といっても九鬼地区の聖地であり石垣の上には祠が祀られています。
<日程>
○12月31日
□ほだ(薪)集め 午後
【場所】九鬼町内各地
 大晦日の午後に子どもたちが「松木と米こう(買う、乞う)銭も金ももって代々良い年とらんせ」「ひょうけんぎょうに米こう銭も金ももって代々良い年とらんせ」と歌って各戸へ回って米やもちなどを供出を受けるがその際に必ず薪を2〜3本添えられることになっており、集められた薪は真巌寺下にある石垣で囲われた「にらくら」と呼ばれる空き地に運ばれ、高く積み上げられます。
□ひょうけんぎょう 19時〜
【場所】にらくら(真巌寺の下)
 そして夜6時ごろに一斉に火がつけられます(これを「ひょうけんぎょう」と呼ぶ)。この火にあたると1年中風邪をひかないといわれ多くの見物客が集まります。そして19時頃、九木神社から来た神楽がにらくらの火の前で踊りを奉納しその後、町内を練り歩きます。
 にらくらの薪が燃え尽きた後は一旦、水をかけて「にらくら」の中を消し炭で真っ黒な状態にします。

○1月1日
□船上での豊漁祈願神楽 6時半〜7時半
【場所】九鬼湾内 
 九木神社に神楽を奉納した後、鰤大敷網の船に乗って豊漁を祈願して獅子舞を行う。
□にらくら祭・上の祝 8時〜
【場所】にらくら(真巌寺の下)
 元旦の朝、にらくらの内部にござを敷き円座となって共同組合長を上座に村組、配役、大梼、小梼の順で座り盃を交わし刺身や小膾などを食します。
 式の最後に見物人に巻き銭を行います。
□にらくら祭・角力取 下の祝 8時半頃
【場所】にらくら(真巌寺の下)
 にらくらの中の消し炭に海水をかけて泥田のようにした後、祭りの梼人達が裸になってにらくらの中へ入り相撲をとるなどして炭で真っ黒になります(真っ黒になればなるほど大漁があるともいわれています)。
 その後真っ黒になった梼人達は、その後魚市場に向かい海に飛び込みます。
 その後、協同組合で下の祝が行われ盃を交わし、宴が行われます。
※参考
九鬼の奇祭・にらくらの行事(九鬼水軍発祥の地・紀州九木浦)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sakura/2558/nirakura.htm

ギッチョ祭(浜の祷・餅の番・はたけ祷)【古江区正月行事】※ギッチョの儀は元日に奉納※例年1月1日開催 尾鷲市
日程: 1 月 1 日( 月 ) 〜 1月3日(水)
時間: (ギッチョの儀)【1日】10時00分〜 (餅の番)【2日】 日中 (はたけ祷)【3日】8時30分〜
場所: (ギッチョの儀)古江魚市場 (餅の番)【2日】当屋 (はたけ祷)光明寺
URL: 過去のギッチョの儀(平成20年1月1日)模様【くまどこイベント報告】 http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=951
過去の餅の番、はたけ祷(平成23年1月2〜3日)の模様【ブログ「三鬼和昭の“日々是好日”」】 http://mikikazu.exblog.jp/13916981/
【会場周辺地図】古江魚市場 http://yahoo.jp/rWo0pQ
お問い合わせ: 尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分(年末年始は休業)
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
内容:  古江町の正月行事で海山と豊漁豊作を願う祭。
 元旦は浜の祷行事ということで、朝10時ごろ古江魚市場で見物人の前で前日の晩に当屋で大きな桶の中に榊を敷いて祀った塩漬けの魚(まぐろ、かつお、たい)をさばき配ります。
 その後「ギッチョの儀」として山から採ってきた幸福を結ぶというカズラを、長さ70cmのひようたん型に束ねたものを山側へ3人、海側へ3人並んで2メートルの樫の棒で持ち上げほうりあげる。この時にギッチョホイと声を掛けます。
 珍しい儀式を見ようと多くの方が集まります。
古江区正月行事 日程
○12月31日 
 魚の番 【場所】当屋
 →当屋で大きな桶の中に榊を敷いて塩漬けの魚(まぐろ、かつお、たい)を祀り、魚の番をしながら親類、縁者と語らいます。
○1月1日
 浜の祷 【場所】古江魚市場 10時〜
 ※ギッチョの儀
○1月2日
 餅の番 【場所】当屋
 →歌いながら餅つきをします。
○1月3日
 はたけ祷【場所】光明寺 8時30分〜
 →2日ついた餅をひし形に切ったモノをお寺に納めます。
なお古江区正月行事はさらに下記のとおり執り行われます。
○1月5日
 大般若祈祷会【場所】光明寺 11時00分〜
○1月7日
 奥山伴僧坊【場所】光明寺 9時00分〜
○1月15日
 どんど焼き【場所】古江魚市場、海岸 9時00分〜10時00分 
※2012年の情報を元にしています。

(12/2〜)第31回尾鷲磯釣大会(第1部) 【〜1/8迄】※今回より1部は渡船ごとの競技に変更・また開始終了が1か月早くなりました 尾鷲市
日程: 1 月 1 日( 月 ) 〜 1月8日(月)
時間: 全日※計測所での計測時間は12時〜16時
場所: 尾鷲市内各磯(参加方法は下記参照)
URL: イベント告知(尾鷲市Webサイト) http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=15375
お問い合わせ: 尾鷲市水産商工食のまち課 観光交流係
電話: 0597-23-8223
ファックス: 0597-23-8225

尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
内容:  三重県南部の尾鷲周辺の磯は比較的穏やかで魚群が豊かなことから、釣りファンに人気のポイント。今年もグレやチヌなどの魚の大きさを競うイベント「尾鷲磯釣大会」がこの12月2日(土)から1月8日(日)までおよそ1ヶ月間の長期にわたり行われます。※今回から開始と終了が1か月早くなりました
 また今回から第1部はグレについて参加渡船ごとにそれぞれの渡船が設定する競技方法で行われそれぞれ1位から10位までの順位戦となります(各渡船ごとに1位は2万円分の商品券進呈)。
 なお後日(1月21日)行われる第2部との釣果と合わせて判定される第3部の総合グレの部ではこの第1部のハンデと第2部の一匹長寸を合算した数値で争われます。第1部入賞者の第2部でのハンデは1位5僉■屋味喚僉■外味貝僉■完味沖僉■機腺隠旭味鵜僂箸覆蠅泙后0貎唯云泙泙任箸覆蠅泙后腹┌栄堯Γ寡堯Γ撹間での賞の重複は認めます)。
 参加方法は協賛エサ店で審査カードを受け取り、期間中に下記参加渡船にて釣りを楽しんでいただきます(参加回数の制限はありません)。入賞者には豪華商品を多数用意しています。
 なお1月21日(日)に1日の釣果で競う第2部が行われ、同日の14時より三重県立熊野古道センターで表彰式が行われます(豪華賞品が当たる抽選会有り)。
<概要>
■大会部門・日程
 1部 平成29年12月2日(土)から平成30年1月8日(日)の期間中の釣果
 2部 平成30年1月21日(日)
 3部 総合グレの部(吃堯↓局瑤粒藤栄つ浩の合算)
■参加方法
 協賛エサ店、釣具店で審査カードを受け取り、各自参加渡船店へ。その後、所定の計測所で計測
■参加渡船
尾鷲市観光釣協会全組合員(事務局・電話: 0597-23-8223【尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係】)
尾鷲(大ちゃん・柴山・宮城野・ゆき丸・川端)、九鬼(黒潮マリンクラブ)、賀田(まさはる)、梶賀(榎本・勝三屋・誠丸)
■協賛エサ店・釣具店
各店舗にて、審査カードを配布いたします。
◎松阪方面
フィッシング遊・水谷つり具店・紀東釣エサセンター・つりエサ市場 本店・エサ市場えさきち 大内山インター館
◎尾鷲市内
シンポ―つり具・つりエサ市場 尾鷲店・エサ市場えさきち 尾鷲南館
◎熊野方面
つりえさ吉野・黒潮・釣りセンター日の本・釣えさフジシロ・フィッシングモリモト
■計測所
利用した参加渡船にて釣魚を計測し、大会へのエントリーとなります。
※なお第2部の釣果計測は熊野古道センターで行われますのでご留意ください(12時〜13時15分)。
■競技方法
 1部は各渡船の競技方式による。渡船ごとに1位〜10位を決定。参加回数は自由。
 2部は一匹長寸にて判定。3部は1部のハンデと2部の一匹長寸を合算した数値で判定。1部入賞者の2部でのハンデは1位5僉■屋味喚僉■外味貝僉■完味沖僉■機腺隠旭味鵜僂箸覆蠅泙后0貎唯云泙泙任箸覆蠅泙后腹┌栄堯Γ寡堯Γ撹間での賞の重複は認めます)。1部で入賞された方は必ず2部に参加してください。
■対象魚
 グレ、チヌ、他魚(マダイ・イシダイ・ブダイ・コロダイ・イシガキ・イサギ限定)
■参加費
 無料(渡船代、エサ代は各自負担)
■表彰
 (1)第1部のグレの部 (参加渡船ごとに)10位まで
 (2)第2部のグレの部 3位まで
 (3)第2部のチヌの部 3位まで
 (4)第3部総合グレの部 3位まで
○副賞および特別賞
■第1部(グレのみ)
 第1部は各渡船の競技方式で競い、渡船ごとに1位〜10位を決定します。
 各渡船ごとの優勝者は賞金2万円分の商品券(なお2位は賞金7万円、3位は賞金3万円)
■第2部グレの部 
  優勝者は賞金5万円
■第2部チヌの部 
  優勝者は賞金2万円 
※そのほか豪華な賞品が有ります。
 また会場ラッキー賞として1月21日の表彰式当日、会場で抽選で20名様に特産品があたる抽選会があります。
■表彰式
 1月21日(日)14時〜
 三重県立熊野古道センター
○お問い合わせ先
尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261 FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市観光釣協会事務局
(尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係内)
電話: 0597-23-8223 FAX : 0597-23-8225
※関連リンク
ブログ「佐藤功の釣ったろ釣られたろ日誌」
http://blog.goo.ne.jp/isao2009/e/3be84383ed2b4387f1f80180d8954212

(12/2〜)古道センター企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間 」【1/21迄】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 火 ) 〜 1月21日(日)
時間: 9時00分〜17時00分 ※12月31日、1月1日は休館
場所: 三重県立熊野古道センター展示棟企画展示室(向井)
URL: イベント告知(熊野古道センターWebサイト) http://www.kumanokodocenter.com/event/171217_2.html
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容:  尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センターにおいて企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間」が開催されます。

 紀伊半島の沿岸に点在する漁村集落には、かつて海運を通した日本の流通の表舞台であり、豊かな漁場として栄えたてきた深い歴史があります。そして、独自の地勢的な立地条件から、特徴的な景観や民家、路地、井戸、慣習などが「風土のカタチ」として残り、漁業や祭り、習俗など生業に伴う様々な「文化のカタチ」も、これまで受け継がれてきた多様な営みの集積として集落の町並みの各所に観ることができます。

 当企画展では、これら漁村集落での生活形態の在り方を「コンテクスト・サーヴェイ」という調査により精査し、その過程で出会った様々な「カタチ」と「文化」を、「地球の眼」・「鳥の眼」・「人の眼」という3つのスケールで捉え直して具現化した調査研究の成果を紹介します。

<展示内容>
1.集落地形模型(1/1000スケール)
/静隋´⊃島 E志・和具 づ躰茵´ザ綉粥´須賀利 С甓
┿┣貂蝓´田ノ浦 冷水 塩津 戸坂
※段ボール紙で構築した地形模型に、領域図(野良・村・山・浜・海)、
 津波浸水域、神社・寺院・墓地、路地、コンテクスト(特徴的な場所を
 説明とともに示す)をプロジェクター(一部)で投影。
2.集落写真(寸法・説明文入り)
  ヒューマンスケール(人の眼)として位置付けし、地形模型の背景に展示紹介。
(1)民家の造形を紹介 (2)路地の空間を紹介 (3)井戸を紹介(4)墓地を紹介 (5)石積み(石垣)※集落内の特徴的な場所を説明とともに示す。
三、図版・図面等

 漁村集落に関連する図版等
(1)中央構造線と漁村 (2)中央構造線と青石 (3)集落年表 (4)集落領域図
(5)集落断面図 (6)集落動線図 (7)津波浸水域図 (8)関連論文や資料展示
など

《付属事業》
 (1)講演会
   演題1「建築学から見た漁村集落」/演題2「路地空間の魅力」
 1.日 時:12月17日(日) 10時00分〜11時30分
 2.入場料:無料
 3.定 員:80名(要申込・先着順)
 4.場 所:展示棟映像ホール
 5.講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
 6.受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)※定員になり次第締切
 
 (2)フィールドワーク 
 新しい古道の歩き方「九鬼漁村まち歩き」
 古くから漁村として栄え、人の営みとともに独自の景観が育まれた尾鷲市九鬼町の「まち」を、建築工学専門家の解説を聞きながら歩きます。
 1. 日 時:12月17日(日) 13時00分〜14時30分
 2. 参加料:200円(保険料・資料代含む)
 3. 定 員:30名(要申込・応募多数の場合は抽選)
 4. 場 所:尾鷲市九鬼町
※集合場所:移住体験住宅「みやか」(参加者に別途案内)
 5. 案内人:川窪 広明氏・下田 元毅氏・宮崎 篤徳氏、漁村×学シンポジウム実行委員会
 6. 受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)

3.ギャラリートーク
   演題1「海のコモンズからのまなざし」
   演題2「水の佇まいと漁村」
 1. 日 時:1月20日(土) 14時00分〜15時30分
2. 入場料:無料
3. 定 員:80名(要申込・先着順)
4. 場 所:展示棟映像ホール
5. .講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
6. .受 付:12月20日(水)〜1月13日(土)※定員になり次第締切

お正月 スペシャル体験教室「連凧づくり体験」【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 火 )
時間: 午前10時〜12時/午後1時30分〜3時30分
場所: 三重県立熊野古道センター 体験学習室
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容: 毎年恒例となりました、家族ぐるみで気軽に参加して楽しむことができるお正月ならではの体験教室を開催します。
楽しい思い出作りにぜひご来館ください!
■連凧づくり体験
竹ひごとカラーフィルムを使った10連の連凧を制作し、芝生広場で揚げます。
参加料: 200円
定 員: 午前・午後 各15名
講 師: 熊野古道センター職員
申込締切: 〜12月28日(木)まで
※要申込・応募多数の場合は抽選です

お正月 スペシャル体験教室「よく飛ぶ紙飛行機つくり体験」【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 火 ) 〜 1月3日(水)
時間: 午前10時〜12時/午後1時〜3時
場所: 三重県立熊野古道センター 交流棟大ホール
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容: 毎年恒例となりました、家族ぐるみで気軽に参加して楽しむことができるお正月ならではの体験教室を開催します。
楽しい思い出作りにぜひご来館ください!
A5の色画用紙を定規で折り込んで制作した紙飛行機を芝生広場で飛ばします。
参加料: 200円 
講 師: 熊野古道センター職員
*事前申し込み不要(材料がなくなり次第終了) 
体験教室のほか、交流棟小ホールや芝生広場では、昔ながらの正月の定番遊び(コマ・はねつき・カルタなど)を楽しむことができます。

鰤まつり(九鬼浦正月・祷屋行事)【宵宮】※例年1月2日開催 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 火 ) 〜 1月3日(水)
時間: (宵宮)【2日】18時30分〜 (本祭)【3日】10時00分〜
場所: <宵宮>九木神社、九鬼魚市場 <本祭>九鬼魚市場、真厳寺(九鬼町)
URL: 九鬼祭りドットコム http://www.kukimatsuri.com/
過去(平成23年)の祭りの模様 http://www.kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1325
【会場周辺地図】真厳寺 http://yahoo.jp/Q2yOnL
お問い合わせ: 尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8:30〜17:15(年末年始は休業)
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
内容:  鰤(ブリ)の大漁を祈る祭りです。獅子舞や道中手踊りが町を練り歩いてにぎやかです。祭りの締めくくりには真厳寺にて、地元の少年たちによる一年の豊漁を占う弓射いの神事が行われます。

【日程】
○2日夜・宵宮 18時半〜21時頃まで
 九鬼町内を神楽クラブの子供や大人などちょうちんを持った行列が練り歩きます。

18時半 空ネリ
20時半 ネリ迎え
21時  本ネリ
22時  宮上がり

○3日昼・本祭 10時〜16時頃まで。
 獅子舞や道中手踊り、地元の少年たちによる一年の豊漁を占う弓射いの神事(於 真厳寺)を行います。

10時  賀儀取りおろし
     道中手踊り(九鬼魚市場)
13時頃 賀儀取り、顔見せ町内一巡
14時半 鎮守様、弓射いの神事(真厳寺)

なお1月2日の午前中は
□賀儀取り宮上げ 11時
【共同組合→九木神社】
 正月祭礼の期間中に九木神社の籠堂にこもって身を清め、1月3日の鰤祭り本祭り時に弓射の役をする「賀儀取り」となる少年(中学生)を九木神社に上げる儀式が行われます。
(賀儀取りは1日11時〜3日10時ごろ丸2日間、神社で身を清めます)

が行われます。

(12/25〜)写真展「尾鷲今昔」@古道センター【1/9迄】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 火 ) 〜 1月9日(火)
時間: 9時00分〜17時00分
場所: 三重県立熊野古道センター交流棟ホール(向井)
URL: イベント告知(熊野古道センターWebサイト) http://www.kumanokodocenter.com/
過去の模様(ブログ「ナンちゃんが駈ける!」より) http://nanchan521.exblog.jp/9968267/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ:
内容:  三重県立熊野古道センターで昭和30年代後半と昭和40年代前半の尾鷲と、現在の尾鷲の変貌を写した写真展「尾鷲今昔」を開催します。今回の写真展は昭和40年より前のモノを中心に同じアングルで現在の状況と対比して展示します。

お正月 スペシャル体験教室「新春恒例!餅つき大会」【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 3 日( 水 )
時間: 午後1時〜2時頃
場所: 三重県立熊野古道センター 交流棟小ホール
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容: 毎年恒例となりました、家族ぐるみで気軽に参加して楽しむことができるお正月ならではの体験教室を開催します。
楽しい思い出作りにぜひご来館ください!
参加料: 無料!!
協 力: 芳向会のみなさま
*事前申し込み不要(材料が無くなり次第終了)

お正月 スペシャル体験教室「干支(戌)折り紙の飾り物つくり体験」【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 3 日( 水 )
時間: 午後1時〜3時 受付
場所: 三重県立熊野古道センター 展示棟ロビー
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容: 毎年恒例となりました、家族ぐるみで気軽に参加して楽しむことができるお正月ならではの体験教室を開催します。
楽しい思い出作りにぜひご来館ください!
来年の干支「戌」をモチーフに飾り物を制作します。
参加料: 300円
定 員: 先着30名程度 
講 師: 折り紙サークルのみなさま
*事前申し込み不要(材料がなくなり次第終了) 

鰤まつり(九鬼浦正月・祷屋行事)【本祭・弓射いの神事】※例年1月2日開催 尾鷲市
日程: 1 月 3 日( 水 )
時間: (本祭)【3日】10時00分〜
場所: <本祭>九鬼魚市場、真厳寺(九鬼町)
URL: 九鬼祭りドットコム http://www.kukimatsuri.com/
過去(平成27年)の祭りの模様 http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1896
【会場周辺地図】真厳寺 http://yahoo.jp/Q2yOnL
お問い合わせ: 尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8:30〜17:15(年末年始は休業)
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
内容:  鰤(ブリ)の大漁を祈る祭りです。獅子舞や道中手踊りが町を練り歩いてにぎやかです。祭りの締めくくりには真厳寺にて、地元の少年たちによる一年の豊漁を占う弓射いの神事が行われます。

【日程】
○3日昼・本祭 午前10時〜16時頃まで。
 獅子舞や道中手踊り、地元の少年たちによる一年の豊漁を占う弓射いの神事(於 真厳寺)を行います。

10時  賀儀取りおろし
    道中手踊り(九鬼魚市場)
13時頃 賀儀取り、顔見せ町内一巡
14時半 鎮守様、弓射いの神事(真厳寺)

なお1月2日の午前中は
□賀儀取り宮上げ 11時
【共同組合→九木神社】
 正月祭礼の期間中に九木神社の籠堂にこもって身を清め、1月3日の鰤祭り本祭り時に弓射の役をする「賀儀取り」となる少年(中学生)を九木神社に上げる儀式が行われます。
(賀儀取りは1日11時〜3日10時ごろ丸2日間、神社で身を清めます)

が行われます。

※参考(宵宮について)
○2日夜・宵宮 18時半〜21時頃まで
 九鬼町内を神楽クラブの子供や大人などちょうちんを持った行列が練り歩きます。

18時半 空ネリ
20時半 ネリ迎え
21時  本ネリ
22時  宮上がり


平成30年 尾鷲市消防出初式 尾鷲市
日程: 1 月 6 日( 土 )
時間: 10時00分〜11時30分
場所: (式典)尾鷲市中央公民館 (パレード)尾鷲市役所〜尾鷲港
URL: 【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/rm89uk
お問い合わせ:
内容:  平成30年の消防出初式が東紀州5市町の各地で行われます。
 各市町において内容は異なりますが寒風が吹く中、勇ましい礼式訓練やパレード、大空に向かっての一斉放水は見応えがあります。年始めに災害から地域を守る消防職員・消防団員の勇姿を是非ご覧下さい。
 
●尾鷲市
1月6日 10時00分〜11時30分
(内容)式典<尾鷲市中央公民館> 
    パレード<尾鷲市役所〜銀杏通り〜尾鷲港>
※雨天時パレード中止

祷屋開き・巻藁結い神事 NEW 尾鷲市
日程: 1 月 7 日( 日 )
時間:
場所: 各梼屋
お問い合わせ:
内容:  白装束の男達が練りあう勇壮な尾鷲神社祭礼「ヤーヤ祭り」が2月1日に始まるのを前に、今年の祭り幹事をする3つの梼務町の拠点である梼屋(とうや)で参加者の安全を祈願する神事。

 今年は1番・天満町、2番・知古町、3番・向井町です。

 当日は各祷務町では、祷屋内に祭壇を設け、町総代以下役人らが参列するなか、尾鷲神社宮司のお祓いと祝詞を受けます。 
 そののち、宮司と弓射が2本ずつ矢を放ち、祷人が玉ぐしを奉げて祭りの無事成功を祈願します。
 なお弓射が矢を射る巻き藁とは、計120杷の藁をたばね、頂上には8分角2尺の御幣を刺し、胴部には塩干ししたタカノハ2匹を吊るし、胴体中央に半紙の的を貼ってあり、周囲に神酒、コメ、ニンジン、ダイコン、コンブ、汐桶などを供えられたものとなります。

海上で古式捕鯨を再現「ハラソ祭り」〈例年1月第2月曜日開催〉 ※2018年は荒天が予想されるため中止 尾鷲市
日程: 1 月 8 日( 月 )
時間: 10時00分〜13時00分頃 (ハラソ船の出航は11時25分頃予定)
場所: 梶賀漁港(梶賀町)
URL: 梶賀のハラソ祭り(くまどこ東紀州百科事典) http://www.kumadoco.net/dictionary/report.php?no=28
過去(平成21年)の行事模様(くまどこイベント報告) http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1151
【会場周辺地図】梶賀漁港 http://yahoo.jp/zrbjxV
お問い合わせ: 尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分(年末年始は休業)
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
梶賀浦漁協 
電話0597-27-2020
内容: ※2018年は荒天が予想されるため中止となりました。
 江戸時代に盛んだった鯨漁を伝える祭りで、鯨の供養を行ったあと「ハラソ、ハラソ」のかけ声とともに八丁櫓を操る古式の漕法や、鯨に銛を打ち込む当時の捕鯨の様子を再現します(例年1月第2月曜日開催)。

 祭り当日は10時から地蔵寺で浦祈祷が行われた後、11時30分頃から梶賀漁港から大漁旗を後ろにつけた和船「ハラソ船」が地元の男衆と希望者を乗せて漁船にえい航されて梶賀漁港を出発し隣の曽根にある飛鳥神社に向かいます。

 飛鳥神社前に着くと鯨法を奉納した後、岸壁で男衆らはそれぞれに赤や白の衣装に着替え、さらに驚くことに顔全体を白く塗り、その上に口紅で歌舞伎のくまどりのような模様をつけ化粧をします。

 その後、梶賀漁港に戻り途中、湾内外において「ハラソ!ハラソ!」とのかけ声とともに魯を使って船をこぎ、モリで鯨を射止める勇壮な「古式鯨法」様子を何度も繰り返し13時ごろ到着します。

 なお当日は梶賀婦人会による温かい大敷汁やぜんざいの振る舞いもあり、祭りをたっぷり楽しめます。

■当日のスケジュール
10時00分〜 
 地蔵寺で大般若経転読の浦祈祷 

11時30分頃(正午前)〜
 ハラソ船出航

12時30分頃
 曽根の飛鳥神社前着。

13時00分頃〜
 ハラソ船の梶賀漁港に入船。
 古式鯨法の儀式を執り行います。

熊野古道自然学校「銚子川河口で冬鳥を見つけよう!」※要申込 尾鷲市
日程: 1 月 13 日( 土 )
時間: 10時00分〜12時00分  *雨天・高波の場合は翌日に延期
場所: 銚子川
URL: 三重県立熊野古道センター http://www.kumanokodocenter.com/event/180113_1.html
お問い合わせ: 三重県立 熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
E-mail info@kumanokodocenter.com
内容:  尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センターでは熊野古道周辺の自然や植物、生きものについて学ぶ熊野古道自然学校を定期的に開催しています。
  熊野古道周辺の自然や植物、生きものについて学ぶ熊野古道自然学校の第4回として、紀北町の銚子川河口で、野鳥の分類や生態について学ぶ観察会を開催します。
 紀伊半島は温暖多雨で、海岸近くまで山地が迫る地形が点在しており、生物の多様性がみられる地域です。紀北町の沿岸部では、一年を通して、トビ、ミサゴ、ムクドリなどの留鳥の姿を見ることが出来ます。また、冬でも温暖なこの地域では、冬鳥の繁殖も多く確認されています。
 今回の自然学校では、紀北町銚子川河口で、この時期に訪れる、ツグミ、ジョウビタキ、シロハラなどの冬鳥を中心に、周辺に生息する野鳥の姿(約30種)を観察します。
 日本野鳥の会三重所属の中井節二氏を講師に迎え、初心者でも気軽にご参加いただけるよう、バードウォッチングの基礎からご指導いただきます。野鳥の見つけ方やその生態について学びながら、野鳥を取り巻く地域の自然環境についても理解を深めていただければ幸いです。


≪スケジュール予定≫
  9:30 受付(現地にて)
 10:00 オリエンテーション
10:10 自然学校開始
 11:40 とりあわせ
12:00 終了

商工会議所女性部と行く「秘境巡りツアー」第3弾いよいよ行くよ〜ッ尾鷲トレイル 尾鷲市
日程: 1 月 14 日( 日 )
時間:
場所: 尾鷲トレイル
URL: 秘境ガイドブック 魅せます!尾鷲 https://www.misemasu-owase.com/
秘境ガイドブック 魅せます!尾鷲Facebook https://www.facebook.com/misemasuowase/
お問い合わせ: 尾鷲商工会議所 女性部
電話:0597-22-2611
内容: 商工会議所女性部と行く「秘境巡りツアー」第3弾いよいよ行くよ〜ッ尾鷲トレイルが12月10日から4回に分けて開催されます。
尾鷲の地形を説明するとき「三方が山で囲まれ一方が海です」って説明したことないですか?ありますよね・・・でもその三方の山は一度も里へおりてこずに水地の猪鼻から行野・松本まで行けるって知ってましたか?
その尾根筋を通る山道を私たちは「尾鷲トレイル」と呼んでいます。
全長37.7Km。 1日で走りきった猛者がいますが、普通は3泊4日はかかるでしょうか。
今回の「秘境巡りツアー」第3弾 はコースを7つに分けて、その中から特にガイド同行が望ましいと思われる4箇所にチャレンジしたいと思います。
募集開始は、11月10日(金) 午前10:00から 電話:0597-22-2611まで申し込みください。

■Bコース
1月14日(日)(予備日 1月21日)
汐ノ坂縦走コース 小原野〜汐ノ坂〜小原野奥(猪鼻〜天狗倉山〜馬越峠)
【難易度】中級(健脚) 【距離】5.5km 【所要時間】6.0時間

■Cコース
2月4日(日)(予備日2月18日)
高峰縦走コース 矢ノ川峠〜高峰山〜小原野奥 (八鬼山〜九木峠〜行野)
【難易度】中級(健脚) 【距離】6.5km 【所要時間】6.0時間

■Dコース
3月11日(日)(予備日3月18日)
八鬼山縦走コース 矢ノ川峠〜小坪〜八鬼山(旧坂下隧道〜汐ノ坂)
【難易度】中級 【距離】10.0km 【所要時間】6.5時間

募集人数:15名(中学生以上・最小催行人員8名)
参加費:¥3,000 (保険料込み 通常¥5,000コース)
集合場所:尾鷲駅  集合時間:午前7時45分(JRに合わせました)
持 ち 物:弁当、飲み物(温かい飲み物を含む)、行動食(ゼリー、クッキー、カロリーメイト等) 雨具、防寒具、ヘッドライト

注意事項:ヘルメットがある方は持参下さい(特に1月予定の汐ノ坂)。山の上では、気温は平地と比べ数度、時には10度近く低くなることがあります。積雪が予想される場合、延期もしくは( )内コースに変更をする場合があります。
※日本山岳ガイド協会認定の登山ガイド有資格者(熊野ガイド協会所属)がガイドします。また、急峻な上り下りがあります。登山経験者もしくは健脚の方を募集します。

東紀州の四季を味わう料理教室〜旬の牡蠣が食べたい!渡利牡蠣料理〜【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 14 日( 日 )
時間: 午前10時〜午後1時
場所: 三重県立熊野古道センター 体験学習室
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容:  東紀州の特産品や食材の魅力を知っていただくための料理教室です。 第4回目の教室で取り上げる食材は、紀北町白石湖産の渡利牡蠣です。
 渡利牡蠣は、周囲数キロの限られた汽水域・白石湖にて養殖しているため、漁場が狭い上に生産量も少なく『幻の牡蠣』と呼ばれています。汽水域で育つため、牡蠣独特のくせがなく、牡蠣が苦手な方にも食べられる旨味に富む味です。
 今回はこの渡利牡蠣を使用したレシピを提案し、その調理法を学んでいただきます。なお、当日は生産者である畦地水産さんに講話をお願いする予定です。
 講師は、相可高校食物調理科の村林新吾先生と、同校調理クラブの生徒さんたちです。料理が苦手な方や初めて参加される方でも、料理を通じて交流を深めていただけます。
≪スケジュール予定≫
  9:30  受付
  10:00  あいさつ・講師紹介
10:05  講話(約10分間)
10:15  食材及び調理手順の説明
10:25  調理・片付け
12:00  試食・片づけ・アンケート
13:00  終了
持ち物:エプロン・三角巾・ハンカチ・筆記用具
*都合により時間や内容を変更する場合があります。
料  金: 2,000円
定  員: 24名(要申込・応募多数の場合抽選)
講  師: 村林新吾さん(相可高校教諭)、調理クラブのみなさん(相可高校生徒)
受  付: 12月14日(木)〜平成30年1月7日(日)午後5時まで

東紀州の四季を味わう料理教室〜旬の牡蠣が食べたい!渡利牡蠣料理【三重県立熊野古道センター】 尾鷲市
日程: 1 月 14 日( 日 )
時間: 10時00分〜13時00分
場所: 三重県立熊野古道センター 体験学習室
URL: 熊野古道センターWebサイト http://www.kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容:  東紀州の特産品や食材の魅力を知っていただくための料理教室です。 第4回目の教室で取り上げる食材は、紀北町白石湖産の渡利牡蠣です。
 渡利牡蠣は、周囲数キロの限られた汽水域・白石湖にて養殖しているため、漁場が狭い上に生産量も少なく『幻の牡蠣』と呼ばれています。汽水域で育つため、牡蠣独特のくせがなく、牡蠣が苦手な方にも食べられる旨味に富む味です。
 今回はこの渡利牡蠣を使用したレシピを提案し、その調理法を学んでいただきます。なお、当日は生産者である畦地水産さんに講話をお願いする予定です。
 講師は、相可高校食物調理科の村林新吾先生と、同校調理クラブの生徒さんたちです。料理が苦手な方や初めて参加される方でも、料理を通じて交流を深めていただけます。



≪スケジュール予定≫
  9:30  受付
  10:00  あいさつ・講師紹介
10:05  講話(約10分間)
10:15  食材及び調理手順の説明
10:25  調理・片付け
12:00  試食・片づけ・アンケート
13:00  終了


持ち物:エプロン・三角巾・ハンカチ・筆記用具

*都合により時間や内容を変更する場合があります。

みえアカデミックセミナー2017移動講座(尾鷲市会場) 尾鷲市
日程: 1 月 14 日( 日 )
時間: 13時〜15時(受付:12時 30分〜)
場所: 尾鷲市立中央公民館 3階 大会議室
URL: 尾鷲市役所 http://www.city.owase.lg.jp/
お問い合わせ: 尾鷲市役所教育委員会生涯学習課中央公民館
電話:0597−22−0001
FAX:0597−22−0080
内容: 演題:『感染症知らずの毎日を過ごすには?』
講師:三重大学医学部付属病院 感染制御部 部長(病院教授)  田辺 正樹さん
三重大学医学部付属病院 感染制御部 副看護師長  新居 晶恵さん 
定員:一般 50名(申込先着順)※座席に余裕がある場合は、当日参加可。
参加料:無料
託児定員:先着10名程度(市内在住の方優先。希望者は、1月9日(火)までに申し込んでください。)
申し込み:電話・FAXまたは直接尾鷲市立中央公民館へ申し込みください (平日8:30〜17:15)

石経(須賀利浦・普済寺)<予定> ※例年1月15日開催 尾鷲市
日程: 1 月 15 日( 月 )
時間: 9時00分頃〜
場所: 普済寺・須賀利漁港(須賀利町)
URL: 過去(平成21年)の模様(くまどこイベント報告) http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1153
【会場周辺地図】普済寺 http://yahoo.jp/KZb2J0
【会場周辺地図】須賀利漁港 http://yahoo.jp/yvbzHn
お問い合わせ:
内容:  にほんの里100選にえらばれた漁村の美し家並みが残る尾鷲市須賀利町でおよそ400年の伝統がある石経(いしぎょう)が行われます。

 これは須賀利沖の海上で船の上から般若心経の一文字を墨書した小石を漁場に投げ入れながら太鼓を打ち鳴らし普済寺住職による鐘と読経で漁で亡くなった人の供養、獲った魚の供養および豊漁祈願をする行事です。

 朝8時頃より石に供養のための文字が書き入れられ、朝9時過ぎ頃に漁船に普済寺の住職と太鼓、漁協関係者が乗船し須賀利漁港を出発します。そしておよそ10分ぐらいで外海にでて漁場や水難事故があった場所などで太鼓が鳴るなか、読経をし漁協の方が般若心経の一文字が書かれた石を投げ入れる石経を行います。

 その後、元須賀利浦や定置網、タイ養殖の場所などで石経が行われ須賀利に戻ると神宮(じんぐ)さんといわれる岩場に竹笹を奉納します。

 この行事は須賀利の住民が町の東にある元須賀利から現在の須賀利町に移住したのをきっかけに、江戸時代の1624年(寛永元年)に始まったとされ、今年で391回目を迎えます。1943年(昭和18年)から1946年(昭和21年)までの間、第二次世界大戦の影響で陸上で行った以外は今のように熊野灘の海上で続けられています。

※過去の開催模様
http://on.fb.me/1ZolmTA

※例年1月15日開催

尾鷲神社どんど焼き※例年1月15日開催 尾鷲市
日程: 1 月 15 日( 月 )
時間: 7時00分〜11時00分
場所: 尾鷲神社(北浦町)
URL: 過去の行事の模様(ブログ「三鬼和昭の“日々是好日”」) http://mikikazu.exblog.jp/4938981/
【会場周辺地図】尾鷲神社 http://yahoo.jp/5JzyIL
お問い合わせ:
内容:  尾鷲神社で毎年、小正月の1月15日に行われる恒例のどんど焼き。注連縄などの正月飾りを燃やし出た煙に無病息災を願います。
 またその火でお餅を焼き、その餅を食べると風邪をひかないとされます。

人材育成セミナー「人材育成とIT利活用の最前線」※要申込 NEW 尾鷲市
日程: 1 月 16 日( 火 )
時間: 13時00分〜17時00分
場所: 尾鷲商工会議所3階大ホール(朝日町)
URL: 三重県産業支援センター http://www.miesc.or.jp/
開催告知 http://www.miesc.or.jp/web/cgipg/cms/see_more.pl?d=24&c=33
【会場周辺地図】尾鷲商工会議所 http://yahoo.jp/mL91x1
お問い合わせ: 申し込み先
担当者:事務局 株式会社チェンジ
TEL:03-6435-7338
FAX:03-6435-7339

尾鷲商工会議所
電話 0597-22-2611
内容:  尾鷲商工会議所において三重県産業支援センター主催によるセミナーが開催されます。

 本セミナーでは経営者、管理者、そして人事担当者等を対象に、「社員育成の仕方」や「生産性の高い社員が育つ環境や制度作り」などについて、様々な企業の取り組みから学ぶと共に、社員の生産性を向上するための手段の一つとして「ITの利活用」についても着目し様々な活用術について理解を深めます。

■人材育成セミナー 「人材育成とIT利活用の最前線」
○内 容 ・人材育成とIT利活用について最近の傾向や他社事例の紹介
     ・雇用確保に向け、人材マネジメントの見直しや人材確保に係る有効施策について
     ・人材育成や社内環境づくりにおけるIT活用施策について

○対象者 経営者、管理者および人事に携わる方等

 て時:1/16(火) 13時〜17時
  場所:尾鷲商工会議所
     (尾鷲市朝日町14−45)

○定 員 各回10名

○参加費 無料

■申込方法
ご希望の方は、下記のWeb申込フォームまたは、添付の参加申込書を記載のうえFAXにて事務局までお申込みください。

■主 催 三重県
     公益財団法人三重県産業支援センター
■後 援 三重労働局
     県内ハローワーク
■事務局 株式会社チェンジ

<リンク>
・Web申込フォーム https://lead.to/mie

担当者:事務局 株式会社チェンジ
TEL:03-6435-7338
FAX:03-6435-7339

生産性の向上や高付加価値化を図る人材養成講座 「次世代リーダーのための働き方改革術」※要申込 NEW 尾鷲市
日程: 1 月 17 日( 水 )
時間: 10時00分〜16時00分
場所: 尾鷲商工会議所3階大ホール(朝日町)
URL: 三重県産業支援センター http://www.miesc.or.jp/
開催告知 http://www.miesc.or.jp/web/cgipg/cms/see_more.pl?d=24&c=32
【会場周辺地図】尾鷲商工会議所 http://yahoo.jp/mL91x1
お問い合わせ: 申し込み先
担当者:事務局 株式会社チェンジ
TEL:03-6435-7338
FAX:03-6435-7339

尾鷲商工会議所
電話 0597-22-2611
内容:  尾鷲商工会議所において三重県産業支援センター主催によるセミナーが開催されます。

 本セミナーでは経営者、管理者、そして人事担当者等を対象に、「社員育成の仕方」や「生産性の高い社員が育つ環境や制度作り」などについて、様々な企業の取り組みから学ぶと共に、社員の生産性を向上するための手段の一つとして「ITの利活用」についても着目し様々な活用術について理解を深めます。

■生産性の向上や高付加価値化を図る人材養成講座 「次世代リーダーのための働き方改革術」
○内 容 ・生産性の高い仕事、組織への高付加価値はどのように生み出されるのか。具体的な
      施策を他社事例と共に紹介
     ・生産性向上を「社員一人ひとり(個人)」と「組織」という2つの視点に分け、それ
      ぞれの視点に沿った取り組みを学び演習を交えて実践

○対象者 経営者、管理者および次世代リーダーを担う若手社員の方等

て時:1/17(水) 10時〜16時
  場所:尾鷲商工会議所
     (尾鷲市朝日町14−45)

○定 員 各回5名

○参加費 無料

■申込方法
ご希望の方は、下記のWeb申込フォームまたは、添付の参加申込書を記載のうえFAXにて事務局までお申込みください。

■主 催 三重県
     公益財団法人三重県産業支援センター
■後 援 三重労働局
     県内ハローワーク
■事務局 株式会社チェンジ

<リンク>
・Web申込フォーム https://lead.to/mie

担当者:事務局 株式会社チェンジ
TEL:03-6435-7338
FAX:03-6435-7339

尾鷲市中央公民館文化祭【1/21迄】 NEW 尾鷲市
日程: 1 月 19 日( 金 ) 〜 1月21日(土)
時間: 9時00分〜17時00分(最終日は16時迄)
場所: 尾鷲市中央公民館 3F講堂
URL: 尾鷲市Web http://www.city.owase.lg.jp/
過去の開催模様(五月亭日記) http://blogs.yahoo.co.jp/daisato0115/37188833.html
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/I-izjw
お問い合わせ: 尾鷲市生涯学習課 中央公民館
電話: 0597-22-0001
内容:  尾鷲中央公民館で講座やサークルに参加している皆さんの日ごろの成果が展示されます。

 出品:アトリエ・フラワー、絵画、書道、書道かな、墨絵、パッチワーク、写真など

第7回 尾鷲ヒノキ マイはしコンテスト作品展示【1/21迄】 NEW 尾鷲市
日程: 1 月 19 日( 金 ) 〜 1月21日(日)
時間: 9時00分〜17時00分(最終日は16時まで)
場所: 尾鷲市立中央公民館 3階 大会議室
URL: 過去の開催模様(ブログ「五月亭日記」) http://blogs.yahoo.co.jp/daisato0115/36110824.html
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/7MZv8T
お問い合わせ: 尾鷲市役所教育委員会生涯学習課中央公民館
三重県尾鷲市中村町10-41
電話: 0597-22-0001 ファックス: 0597-22-0080
内容:  「尾鷲ヒノキ マイはしコンテスト」受賞作品展が尾鷲市中央公民館で開催されます。
 このコンテストは尾鷲市がマイ箸文化の定着を目的に進めている「マイ箸文化推進」の一環として行われたもので小学生以上の一般の方(プロを除く)から尾鷲ヒノキで作ったマイ箸の作品を募集するものです。
 小学生の部、中学生の部、一般の部から250点近くの応募が見込まれ今回も品のデザインや仕上げ具合を採点した結果の表彰が行われ各部門別に最優秀賞1点、優秀賞と市長特別賞が選ばれます。
 そこで3日間にわたりその受賞作品を展示します。
 なお表彰式が1月21日(日)10時から行われます。

■部門
1.小学生の部 2.中学生の部 3.高校生の部 4.一般の部


ギャラリートーク「海のコモンズからのまなざし/水の佇まいと漁村」※企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間 」関連イベント 尾鷲市
日程: 1 月 20 日( 土 )
時間: 14時00分〜15時30分
場所: 三重県立熊野古道センター展示棟企画展示室(向井)
URL: イベント告知(熊野古道センターWebサイト) http://www.kumanokodocenter.com/event/171217_2.html
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/KqoHGc
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12−4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
Mail:info@kumanokodocenter.com
内容:  尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センターにおいて企画展「集落展 文脈のカタチ〜紀伊半島の漁村空間」が12月2日から1月21日まで開催されます。
 なお期間中、関連イベントとして下記の催しが行われます。
3.ギャラリートーク
   演題1「海のコモンズからのまなざし」
   演題2「水の佇まいと漁村」
 1. 日 時:1月20日(土) 14時00分〜15時30分
2. 入場料:無料
3. 定 員:80名(要申込・先着順)
4. 場 所:展示棟映像ホール
5. .講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
6. .受 付:12月20日(水)〜1月13日(土)※定員になり次第締切

(1)講演会
   演題1「建築学から見た漁村集落」/演題2「路地空間の魅力」
 1.日 時:12月17日(日) 10時00分〜11時30分
 2.入場料:無料
 3.定 員:80名(要申込・先着順)
 4.場 所:展示棟映像ホール
 5.講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
 6.受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)※定員になり次第締切

 (2)フィールドワーク 
 新しい古道の歩き方「九鬼漁村まち歩き」
 古くから漁村として栄え、人の営みとともに独自の景観が育まれた尾鷲市九鬼町の「まち」を、建築工学専門家の解説を聞きながら歩きます。
 1. 日 時:12月17日(日) 13時00分〜14時30分
 2. 参加料:200円(保険料・資料代含む)
 3. 定 員:30名(要申込・応募多数の場合は抽選)
 4. 場 所:尾鷲市九鬼町
※集合場所:移住体験住宅「みやか」(参加者に別途案内)
 5. 案内人:川窪 広明氏・下田 元毅氏・宮崎 篤徳氏、漁村×学シンポジウム実行委員会
 6. 受 付:11月17日(金)〜12月10日(日)

3.ギャラリートーク
   演題1「海のコモンズからのまなざし」
   演題2「水の佇まいと漁村」
 1. 日 時:1月20日(土) 14時00分〜15時30分
2. 入場料:無料
3. 定 員:80名(要申込・先着順)
4. 場 所:展示棟映像ホール
5. .講 師:下田 元毅氏(演題1)・宮崎 篤徳氏(演題2)
6. .受 付:12月20日(水)〜1月13日(土)※定員になり次第締

アンテナショップ「三木浦こいやぁ」※毎月第3土曜日開催 尾鷲市
日程: 1 月 20 日( 土 )
時間: 10時00分〜13時00分
場所: 三木浦魚市場
URL: 「三木浦こいやぁ」Facebook https://www.facebook.com/mikiura
過去の開催模様(ブログ「今日の海」) http://mikiura.exblog.jp/21220485/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/c72pcw
お問い合わせ:
内容:  尾鷲市南部にある漁村で、都市部からの釣り客やダイバーなどが多く訪れる三木浦町で地元でとれた魚介類の燻製や名産の養殖真鯛や椿油をつかった商品はじめ住民が趣味で制作したパッチワークなどの手芸品などを販売するアンテナショップ「三木浦こいやぁ」が三木浦魚市場で開催されます(営業は毎月1回のみ・第3土曜に開催)。

マルスイ海産さんの地魚の燻製ややきやまファームさんの新鮮野菜、新兵衛屋さんの天ぷら、三木里のお弁当屋「汐はま」さんの手作り惣菜、さらに三木浦地区の皆さんによる「三木埼の椿油」やハチミツ、お好み焼きなどが販売され、皆様のご来店お待ちしております(生ビールの販売も有)。

●販売商品(予定)
三木浦の特産品、ハンドメイド品、地元事業者商品など
早田町のミニバザー
八鬼山ファームのトマト・野菜
汐はまさんのお惣菜
地魚のくんせい
お好み焼き、てんぷら、ビールなど

 この取り組みは三重県の南部活性化事業の一環として少子高齢化が進む輪内地区の集落の活性化を研究している慶応大学総合政策学部の飯盛研究室の学生らと地元住民の議論がきっかけに始まったもので、平成25年10月より地元婦人会の有志により運営されています。 
 無理なく運営するために毎月1回、地域外からレジャーで訪れる第3土曜日に開催されます。

 是非、三木浦の特産品を買いにお越しください。

※参考URL
尾鷲市元気プロジェクト(慶応大学総合政策学部)
http://isagai.sfc.keio.ac.jp/owase/
尾鷲応援団Facebook
https://www.facebook.com/OwaseOuendan

「乱響コンサート」三木里コミュニティーセンター 尾鷲市
日程: 1 月 20 日( 土 )
時間: 午後1:00
場所: 三木里コミュニティーセンター 2階 大広間
URL: 尾鷲市役所 http://www.city.owase.lg.jp/
お問い合わせ: 尾鷲市役所市長部局三木里コミュニティーセンター
電話: 0597-28-2274 ファックス: 0597-28-2631
三重県尾鷲市三木里町275-43
内容: 三木里コミュニティーセンターで下記のとおり民謡の集い『乱響コンサート」を開催。
曲 目:全国の民謡
※入場料は無料です

う〜み(シンガーソングライター)さんによるじんけんコンサート「あなたに会えてよかった」※入場無料 NEW 紀北町(旧紀伊長島町、旧海山町)、尾鷲市
日程: 1 月 20 日( 土 )
時間: 13時00分〜14時30分 (開場 12時30分)
場所: 紀北教育会館1階ホール(相賀)
URL: う〜み公式Webサイト http://www.umi-yuka.com/
【会場周辺地図】 https://yahoo.jp/RsFNLL
お問い合わせ:
内容:  紀北教育文化事業として、“じんけんコンサート〜あなたに会えてよかった”をテーマに、女性シンガー・ソングライターうーみさんによる「人権トーク&ライブ」を開催します。

 う〜みさんは大学までバスケットボールのスポーツ特待として進学したが、練習中の事故で頚椎を損傷し全身に障害を持つ身となり「死にたい」とそればかり考えていた日々から、友人の支えと音楽を通じて立ち直ったとの経歴を持つシンガーソングライターです。 その自らの経験から「命の大切さ」、「感謝」をこめた子どもから高齢者までみんなが馴染みやすい癒しの音楽を発表しています。

※う〜みさんのコンサートは東紀州地域では2012年2月に熊野市、2017年5月に尾鷲市で開催され今回紀北町で3回目となります。

第31回尾鷲磯釣大会(第2部)&表彰式【ラッキー賞として20名に特産品が当たる抽選有】 尾鷲市
日程: 1 月 21 日( 日 )
時間: (表彰式)14時から (第2部計測)12時〜13時15分
場所: (表彰式・第2部計測所)三重県立熊野古道センター(向井)
URL: イベント告知 http://owasekankou.com/
第31回尾鷲磯釣大会 http://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=15375
【会場周辺地図】三重県立熊野古道センター http://yahoo.jp/qEZazf
お問い合わせ: 尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分
E-mail:info@owasekankou.com
尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225
内容: 三重県南部の尾鷲周辺の磯は比較的穏やかで魚群が豊かなことから、釣りファンに人気のポイント。今年もグレやチヌなどの魚の大きさを競うイベント「尾鷲磯釣大会」が12月2日(土)から1月8日(日)までおよそ1ヶ月間の長期にわたり行われました。
※今回から開始と終了が1か月早くなりました

 そこで同大会の表彰式が行われる1月21日(日)には1日の釣果で競う第2部が行われます。

 この第2部の参加は協賛エサ店等で審査カードを受け取り当日、参加渡船で釣りをお楽しみいただき三重県立熊野古道センターで12時から13時15分の間までに計測してください(参加は無料ですが、えさ代、渡船代は各自負担ください)。

 第2部の上位入賞者にも商品が多数用意されております。また2部グレの部 優勝者は賞金5万円と副賞多数
 是非、ご参加ください。
 
<第2部について>
■参加方法
 協賛エサ店、釣具店で審査カードを受け取り、各自参加渡船店で釣りをお楽しみください(参加は無料ですが、えさ代、渡船代は各自負担ください)。当日13時15分まで三重県立熊野古道センターで計測してください。
※第2部の計測所は熊野古道センターのみです。

■協賛エサ店・釣具店
各店舗にて、審査カードを配布いたします。
◎松阪方面
フィッシング遊・水谷つり具店・紀東釣エサセンター・つりエサ市場 本店・エサ市場えさきち 大内山インター館
◎尾鷲市内
シンポ―つり具・つりエサ市場 尾鷲店・エサ市場えさきち 尾鷲南館
◎熊野方面
つりえさ吉野・黒潮・釣りセンター日の本・釣えさフジシロ・フィッシングモリモト

 2部は一匹長寸にて判定。3部は1部のハンデと2部の一匹長寸を合算した数値で判定。1部入賞者の2部でのハンデは1位5僉■屋味喚僉■外味貝僉■完味沖僉■機腺隠旭味鵜僂箸覆蠅泙后0貎唯云泙泙任箸覆蠅泙后腹┌栄堯Γ寡堯Γ撹間での賞の重複は認めます)。1部で入賞された方は必ず2部に参加してください。

■対象魚
 グレ、チヌ、他魚(マダイ・イシダイ・ブダイ・コロダイ・イシガキ・イサギ限定)

■参加費
 無料(渡船代、エサ代は各自負担)

■表彰
 (1)第1部のグレの部 (参加渡船ごとに)10位まで
 (2)第2部のグレの部 3位まで
 (3)第2部のチヌの部 3位まで
 (4)第3部総合グレの部 3位まで

○副賞および特別賞
■第1部(グレのみ)
 第1部は各渡船の競技方式で競い、渡船ごとに1位〜10位を決定します。
 各渡船ごとの優勝者は賞金2万円分の商品券(なお2位は賞金7万円、3位は賞金3万円)
■第2部グレの部 
  優勝者は賞金5万円
■第2部チヌの部 
  優勝者は賞金2万円 

※そのほか豪華な賞品が有ります。

 また会場ラッキー賞として1月21日の表彰式当日、会場で抽選で20名様に特産品があたる抽選会があります。

■表彰式
 1月21日(日)14時〜
 三重県立熊野古道センター

○お問い合わせ先
尾鷲観光物産協会(尾鷲市まちかどHOTセンター)
三重県尾鷲市中井町12-14
TEL:0597-23-8261
FAX:0597-23-8263
電話受付時間 8時30分〜17時15分
E-mail:info@owasekankou.com

尾鷲市観光釣協会事務局
(尾鷲市水産商工食のまち課観光交流係内)
電話: 0597-23-8223
FAX : 0597-23-8225

※関連リンク
ブログ「佐藤功の釣ったろ釣られたろ日誌」
http://blog.goo.ne.jp/isao2009/e/3be84383ed2b4387f1f80180d8954212

『海洋深層水』を使った「寒もち」つき〜家族でもちつき体験(アクアステーション)※要申込(1/20迄) NEW 尾鷲市
日程: 1 月 21 日( 日 )
時間: 10時00分〜12時00分
場所: アクアステーション中庭(雨天のときは室内)
URL: 尾鷲市役所 http://www.city.owase.lg.jp/
【会場周辺地図】 http://yahoo.jp/-ePn8O
お問い合わせ: アクアステーション 
電話0597-27-8080

尾鷲市水産商工食のまち課
海洋深層水推進係
電話: 0597-23-8133 ファックス: 0597-23-8225
内容: 尾鷲市南部の古江町にあるみえ尾鷲海洋深層水の取水施設「アクアステーション」では海洋深層水の普及とPRのために各種体験教室を開催してます。

 そこで子ども(小学生以下は保護者同伴)さんを対象に新春恒例となった『海洋深層水』を使った「寒もち」つき体験を下記のとおり開催します。

 当日は海洋深層水を使った寒もちつき、もちの握り(あんこ、きなこ等)を体験した後に試食します。

<募集概要>
■募集対象、定員
 家族連れ(小学生以下は保護者同伴) 20組(1組 4〜5人)
■参加費
 無 料
■申し込み先
アクアステーション
TEL:0597-27-8080
(先着順)
■締切
 平成30年1月20日(土)
※ ノロウイルス等の対策として、
マスクや手返し用手袋の着用、もちつき器具の熱湯消毒等を行う予定です。 
 
【寒餅(かんもち)】とは
→大寒の時期(例年1月20日から2月3日頃迄)にお餅をつく、昔から受け継がれてきた風習です。
 大寒は1年で一番寒い時期で、この頃についたお餅は保存性もよく、特においしいと言われています。また、大寒の時期の水を飲むと健康に良いといわれ、一説によると、寒の時期に作った物は腐りにくく長持ちすると言う事から、寒についた餅を食べると一年粘り強く健康に暮らせると言うおまじない的な意味もあるようです。

親子ハンドベル体験@天満荘※毎月第4木曜日開催 尾鷲市
日程: 1 月 25 日( 木 )
時間: 14時00分〜15時30分
場所: 天満荘(尾鷲市天満浦161)
URL: 天満荘 http://tenmaura.org
【会場周辺地図】天満荘 http://yahoo.jp/tbOefu
お問い合わせ: 天満荘
電話:0597-22-7880
営業日 : 毎週金・土・日・月曜日
営業時間 : 10時00分〜16時00分
内容:  古民家を改装したカフェ「天満荘」において親子ハンドベル体験が開催されます。
 津市で活動する「NPO全国市民音楽推進機構 永夢ミュージック」代表のムーチョ赤井さんが講師に」。「きらきら星」「チューリップ」など子ども向けの音楽を、親子でハンドベルを使って演奏します。
 参加費は親子1組で500円です。
 なおこの催しは平成28年6月より同所にて毎月第4木曜日に開催されます。

入場無料(但し、飲食は通常料金となります)。


イベントカレンダートップページへ戻る
くまどこトップページへ戻る

▲このページのトップに戻る
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(C) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.