東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベントカレンダー >> 2022 年 1 月 >> 詳細
イベントカレンダー
2022 年  1 月

【地域ごとの表示に切り替え】
東紀州全域 | 紀北 | 紀南 | 紀北町(旧紀伊長島町、旧海山町) | 尾鷲市 | 熊野市(旧熊野市、旧紀和町) | 御浜町 | 紀宝町(旧紀宝町、旧鵜殿村) | 紀宝町(旧紀宝町、旧鵜殿村) | 東紀州以外

第23回「初日の出を見る会」(天満浦百人会)※誰でも参加可・日本の朝日100選 尾鷲市
日程: 1 月 1 日( 土 )
時間: 【集合】朝6時30分 <ふもとの天満会館から徒歩30分程度>
場所: 【会場】天鷲山長楽院(尾鷲市小渡鹿)※現地集合
URL: 【会場周辺地図】天鷲山長楽院 http://yahoo.jp/GpP1xr
NPO法人天満浦百人会 http://tenmaura.org/
過去のイベント模様(くまどこイベント報告) http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=944
お問い合わせ: 天満荘
電話:0597-22-7880(金曜〜月曜日 10:00〜16:00)
電話:090-9176-7425(松井)
内容:  NPO法人天満浦百人会および天満町民会議がおこなう年始の恒例行事「初日の出を見る会」が今年も尾鷲市小渡鹿(こどうか)の天鷲山長楽院で行われます。日本の朝日百選にも選ばれたスポットからみんなで初日の出を拝みます。
 参加は無料(当日参加可)で、当日は現地集合してください(ふもとの天満会館から徒歩30分程度)。
※只今、準備ボランティア募集中
【初日の出をみる会のボランティア募集】
とき:2021年12月31日 
   詳細は松井までお問い合わせください。

1/20で中止 第35回尾鷲磯釣大会 尾鷲市
日程: 1 月 1 日( 土 ) 〜 2月28日(月)
時間: 全日
場所: 尾鷲市内各磯(参加方法は下記参照)
URL: イベント告知(尾鷲市Webサイト) https://www.city.owase.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=18563&fbclid=IwAR0E1pWiMvGcHDpPwDhg1W00AeHrBC_hXHZkvOdtut3uQwSpwoOxhBtaPbE
お問い合わせ: 尾鷲市観光釣協会
(事務局:尾鷲市商工観光課 観光交流係)
電話: 0597-23-8223
ファックス: 0597-23-8225
内容: 全国的に新型コロナウイルス感染症感染拡大が続いており、三重県においては、「まん延防止等重点措置」の適用が決定されたことから、尾鷲観光釣協会にて協議を重ねた結果、大会を令和4年1月20日(木)をもって『中止』させていただくことになりました。

尾鷲4大イベントのうち、冬イベントといえば、今年で35回目を迎える「尾鷲磯釣大会」です。
今大会は、例年とは違いロングラン大会のみの開催となります。
冬の大物を釣り上げ、豪華賞品をGETしよう!
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、十分な人と人との間隔(1m以上)を空け、マスクを着用の上お楽しみください。
1部:令和3年12月1日(水)〜令和4年2月28日(月)
参加料:無料 ※但し、渡船代・エサ代は各自負担
参加渡船:尾鷲市観光釣協会組合員
・尾鷲旧町内:大ちゃん渡船・柴山渡船・川端渡船・ゆき丸渡船・宮城野渡船
・梶賀:榎本渡船・勝三屋・誠丸
競技方法:☆グレの部
期間中の2匹長寸で判定し、各渡船で1位〜3位を決定します。また、ラッキー賞として7位・10位も決定します。期間中の参加回数は自由です。
☆他魚の部
期間中の1匹長寸で判定し、各渡船で1位〜3位を決定します。魚種については各渡船にお問い合わせください。期間中の参加回数は自由です。
申込方法
 各自参加渡船へ申込
計測方法
各渡船にて計測
対象魚
グレ・他魚(他魚の魚種については各渡船によって異なります。)
各賞
グレの部(各渡船)1位:3万円、2位:2万円、3位:1万5千円、ラッキー賞として7位:1万円、10位:1万円(いずれも商品券)
他魚の部(各渡船)1位:1万円、2位:5千円、3位:5千円(いずれも商品券)

(12/4〜)開館15周年記念企画展「未来へ〜子どもたちと伝える熊野古道」@熊野古道センター【1/30迄】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 日 ) 〜 1月30日(日)
時間: 9時00分〜17時00分
場所: 熊野古道センター 企画展示室・特別展示室
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/DCDiiHB1QeTeYB6Z8
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容:  開館15周年を迎える今年度、三重県立熊野古道センターでは、世界遺産を人類共通の宝として将来にわたって守り、次の世代へ引き継いでいくため、これからの遺産保護の担い手となる子どもたちに、熊野古道伊勢路の価値を理解していただく取り組みとして、学習会やワークショップなどを開催しています。
 そして、多くの人にその価値を伝えるため、これらの取り組みの成果発表として子どもたちが考え協力しあって制作した作品を展示紹介します。
 子どもたちの自由で表現豊かな作品を通して、熊野古道伊勢路の魅力を感じていただくとともに、当センターの活用について考えていただくきっかけづくりとなることを期待いたします。

企画展示室:令和3年12月18日(土)〜令和4年1月30日(日)
特別展示室:令和3年12月4日(土)〜令和4年1月16日(日)
入場料:入場無料
≪展示内容(予定)≫
伊勢路巨大すごろく…子どもたちが伊勢路を実際に歩き制作したオリジナル巨大すごろく(約15m)
ヒノキの灯籠…地域の特産『尾鷲ヒノキ』で制作した灯籠に伊勢路書道作品を展示(80×80×100僉
伊勢路の文化的景観…伊勢路の魅力を絵や立体作品で表現
紙芝居「矢浜に伝わるオオカミのおはなし」
メッセージの木…熊野古道学習を実施した学校を対象に生徒が制作した木を展示
公募作品展示…熊野古道に関する絵画・書道・写真作品を募集し展示
熊野古道センターのイメージキャラクター募集…入賞作品をパネル展示

(12/1〜)開館15周年記念特別企画展「東紀州今昔物語〜名所図会と行く紀伊之国〜」【1/31迄】 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 日 ) 〜 1月31日(月)
時間: 9時00分〜17時00分
場所: 三重県立熊野古道センター 展示棟ロビー(尾鷲市向井12−4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
開催告知 https://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0006500034.htm
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/DCDiiHB1QeTeYB6Z8
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容:  江戸時代に書かれた地誌である『紀伊国名所図会』と『西国三十三所名所図会』、その原書と写本、現況写真を展示します。東紀州地域にある名所の昔と今の様子を見比べていただき、東紀州地域の魅力を再発見する機会としてください。

1日時 令和3年12月1日(水)から令和4年1月31日(月)
    午前9時00分から午後5時00分
    (熊野古道センターの開館時間に準じます。)
    
2場所 三重県立熊野古道センター 展示棟ロビー(尾鷲市向井12−4)
    入場無料

3内容 『紀伊国名所図会』および『西国三十三所名所図会』の原書と写本、現況写真の展示。

4主催 三重県紀北地域活性化局

5その他・特記事項
・特別企画展にお越しいただいた方、先着30名様に「手作りキャンドル」をプレゼントします。
・三重県立熊野古道センターでは、熊野古道センター主催の企画展「未来へ〜子供たちと伝える熊野古道〜」を同時開催いたします。(令和3年12月18日(土)から令和4年1月30日(日)) 
・新型コロナウイルス感染症の状況等により、三重県立熊野古道センターの開館日時の変更に伴い、本企画展を中止・中断する場合があります。

お正月体験教室「連凧つくり体験」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 2 日( 日 )
時間: 10時00分〜12時00分/13時00分〜15時00分
場所: 三重県立熊野古道センター 体験学習室(尾鷲市向井12-4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/zVyhzPLjzrX1SoMeA
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容:  尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センターでは新春の1月2日から3日までの期間中に「お正月体験教室」としてお子様から家族づれ、一般の方まで楽しめる各種体験教室を開催します。

 なお、熊野古道センターは12月31日及び1月1日は休館で、1月2日より開館します。

 お正月の帰省時や旅行時の思い出づくりに是非ご参加ください。

◆連凧つくり体験
 竹ひごとカラーフィルムを使った10連の連凧を制作し、芝生広場で揚げます。
日 時:1月2日(日)午前10時〜12時/午後1時〜3時
参加料:200円
場 所:体験学習室
定 員:20名(午前・午後/各10名)(要申込11/26〜12/26先着順)
講 師:熊野古道センター職員

その他
 昔ながらの正月の定番遊び(コマ・羽根突き・カルタなど)を交流棟ロビーに常設し、随時、来館者に使って  遊んでいただけるようにします。(※コロナ感染状況による)

お正月体験教室「よく飛ぶ紙飛行機づくり体験」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 3 日( 月 )
時間: 10時00分〜12時00分/13時00分〜15時00分
場所: 三重県立熊野古道センター 交流棟大ホール(尾鷲市向井12-4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/zVyhzPLjzrX1SoMeA
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容: よく飛ぶ紙飛行機づくり体験
 A5の色画用紙を定規で折り込んで制作した紙飛行機を芝生広場で飛ばします。
日 時:1月3日(月) 午前10時〜12時/午後1時〜3時
参加料:200円(事前申込不要)※材料がなくなり次第終了
場 所:交流棟大ホール
講 師:熊野古道センター職員

その他
 昔ながらの正月の定番遊び(コマ・羽根突き・カルタなど)を交流棟ロビーに常設し、随時、来館者に使って  遊んでいただけるようにします。(※コロナ感染状況による)

お正月体験教室「絵馬づくり」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 3 日( 月 )
時間: 10時00分〜12時00分/13時00分〜15時00分
場所: 三重県立熊野古道センター 交流棟大ホール(尾鷲市向井12-4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/zVyhzPLjzrX1SoMeA
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容: 日 時:1月3日(月)午前10時〜12時/午後1時〜3時
参加料:無料(事前申込不要) ※なくなり次第終了
場 所:交流棟小ホール
講 師:熊野古道センター職員

その他
 昔ながらの正月の定番遊び(コマ・羽根突き・カルタなど)を交流棟ロビーに常設し、随時、来館者に使って  遊んでいただけるようにします。(※コロナ感染状況による)

みえ結婚支援プロジェクト 新春カップリングパーティin尾鷲 尾鷲市
日程: 1 月 8 日( 土 )
時間: <1部>10:00〜11:30(受付9:45〜)・30〜39歳 <2部>13:45〜15:15(受付13:30〜)・40〜49歳
場所: 重県立熊野古道センター 小ホール(尾鷲市向井 12‒4)
URL: みえ出逢いサポートセンター https://deai-mie.jp/
お問い合わせ: みえ出逢いサポートセンター
TEL059-355-1322
内容: 三重県では、結婚を希望する皆さまを応援するために県内3地域で 「みえ結婚支援プロジェクトチーム」を結成し、各地域で活動しています。
 今回は、尾鷲市でマッチングありのトークイベントを開催!1対1のトークでじっくりお話しましょう。
申込締切:1月3日(月曜日)
対象者:結婚を希望する独身の方で 下記の南勢エリアに在住・在勤、またはこの地域での出逢いに興味のある方
<南勢エリア該当地域>
 伊勢市、尾鷲市、熊野市、志摩市、多気町、大台町、度会町、南伊勢町、御浜町、紀宝町
定員 男女各5名程度
 ※応募多数の場合は抽選となります。

内容
・男女でプロフィールを交換し、1名ずつ数分間お話していただきます。
・最後にカップリング投票を行います。
・当日は、感染症拡大防止のため様々な対策を実施します。
 マスクの着用や、検温、手指の消毒など、ご協力をお願いいたします。
申込 応募フォーム(外部リンク)
※deltastudio.cp@gmail.comからのメールを受け取れるように設定しておいてください。

知られざる熊野探訪ツアー「紀和町史跡探訪ツアー〜水車谷鉱山跡と赤木城跡」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 15 日( 土 )
時間: 午前9時30分〜午後2時
場所: 熊野市紀和町(集合・解散:道の駅『熊野・板屋九郎兵衛の里』駐車場)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://yahoo.jp/vEShaTq
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容:  熊野市紀和町の歴史について学ぶツアーとして、熊野市文化財専門委員で熊野の歴史や城について詳しい和田利信氏の案内により、水車谷鉱山跡及び赤木城跡を訪ねるツアーを開催します。
 紀州鉱山のひとつである水車谷鉱山跡は、紀和町楊枝川地区の入会山に所在し、江戸時代中期から後期にかけて栄えた鉱山跡です。水車谷には、江戸時代の坑道跡、窯跡、鉱山街の番所、御役所の屋敷跡や墓石群が残っており、当時の繁栄を想像することができます。
 藤堂高虎が築いたとされる赤木城は、紀和町赤木の標高230mの丘陵地に立地する平山城で、中世末期の工法である野面乱層積みという反りがない石垣が特徴です。築城当時の原型を残した城跡は全国でも少なく貴重とされています。城の構造や築城に関わる時代背景などについて、現地で解説します。
参加料・入場料:500円(保険代、資料代含む)
定員:15名(要申込・応募多数の場合抽選)
募集受付期間:令和3年12月2日(木)〜令和4年1月2日(日)午後5時まで
案内人:和田利信氏(熊野市教育委員会社会教育指導員、元小学校教員)
持ち物等:歩きやすい服装、防寒着、雨具、弁当、飲料、マスク、その他各自必要なもの
<スケジュール予定>
  9:00〜     受付
  9:30〜    あいさつ、ガイド紹介、移動
 10:00〜    水車谷鉱山跡を見学
 12:00〜12:30 赤木城跡へ移動
 12:30〜13:00 昼食
 13:00〜13:40 赤木城跡見学
 13:40〜15:00 まとめ、終了

中東洋行氏講演会「すべては一畳敷きに集められた −松浦武四郎が熊野・吉野で成したこと−」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 15 日( 土 )
時間: 13時30分〜15時30分
場所: 三重県立熊野古道センター 映像ホール(尾鷲市向井12-4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://yahoo.jp/vEShaTq
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容: 今年度の熊野古道センターと吉野歴史資料館との連携講座は「すべては一畳敷きに集められた −松浦武四郎が熊野・吉野で成したこと-」と題して講演会を開催します。講師は吉野歴史資料館学芸職員の中東洋行氏です。
「北海道の名付け親」とよばれる三重県(現・松阪市)の偉人・松浦武四郎。探検家であった武四郎は、若いころには北海道を、晩年には日本各地を旅します。彼の旅路には、もちろん熊野や吉野も含まれていました。武四郎が熊野や吉野を旅したのは明治10年代。廃仏毀釈や修験道廃止令のために、大峯奥駈道が大ピンチをむかえていた頃にあたります。武四郎は熊野や吉野でなにを見、なにを成したのでしょう。松浦武四郎の記述にみちびかれて、明治初めの熊野・吉野の世界をのぞいてみましょう。
参加料・入場料:無料
定員:40名(要申込・先着順)
募集受付期間:〜令和4年1月14日(金)17時まで
講師:中東洋行氏(吉野歴史資料館 学芸職員)
【中東洋行氏 略歴】
吉野歴史資料館学芸職員(吉野町産業観光課文化財保存活用室)1986年、奈良県生まれ。大阪教育大学卒業、関西大学大学院文学研究科修了(考古学)。奈良県立橿原考古学研究所嘱託職員、吉野町教育委員会事務局等を経て、2021年より現職。

石経(須賀利浦・普済寺) ※例年1月15日開催 尾鷲市
日程: 1 月 15 日( 土 )
時間: (準備)8時30分頃 (出航)9時00分頃〜
場所: 普済寺・須賀利漁港(須賀利町)
URL: 過去(平成21年)の模様(くまどこイベント報告) http://kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1153
【会場周辺地図】普済寺 https://goo.gl/maps/pdrh2N3igC5UhHBC7
【会場周辺地図】須賀利漁港 https://goo.gl/maps/vrK7sALmb2f1SPjd9
お問い合わせ:
内容:  にほんの里100選にえらばれた漁村の美し家並みが残る尾鷲市須賀利町でおよそ400年の伝統がある石経(いしぎょう)が行われます。

 これは須賀利沖の海上で船の上から般若心経の一文字を墨書した小石を漁場に投げ入れながら太鼓を打ち鳴らし普済寺住職による鐘と読経で漁で亡くなった人の供養、獲った魚の供養および豊漁祈願をする行事です。

 朝8時頃より石に供養のための文字が書き入れられ、朝9時過ぎ頃に漁船に普済寺の住職と太鼓、漁協関係者が乗船し須賀利漁港を出発します。そしておよそ10分ぐらいで外海にでて漁場や水難事故があった場所などで太鼓が鳴るなか、読経をし漁協の方が般若心経の一文字が書かれた石を投げ入れる石経を行います。

 その後、元須賀利浦や定置網、タイ養殖の場所などで石経が行われ須賀利に戻ると神宮(じんぐ)さんといわれる岩場に竹笹を奉納します。

 この行事は須賀利の住民が町の東にある元須賀利から現在の須賀利町に移住したのをきっかけに、江戸時代の1624年(寛永元年)に始まったとされ、今年で391回目を迎えます。1943年(昭和18年)から1946年(昭和21年)までの間、第二次世界大戦の影響で陸上で行った以外は今のように熊野灘の海上で続けられています。

※過去の開催模様
http://on.fb.me/1ZolmTA

※例年1月15日開催

フードパンドリー(食料品等無料配布)@フードバンクおわせ※毎月第3木曜開催 尾鷲市
日程: 1 月 20 日( 木 )
時間: 11時頃
場所: フードバンクおわせ(小川東町)
URL: フードバンクおわせ https://goo.gl/maps/oZNqJr5xKoTN9qA96
お問い合わせ: フードバンクおわせ
電話0597-22-0400
内容:  フードバンクおわせでは生活に困っている人に食料品を配布するフードパンドリーを開催します。
 当日は米、缶詰、レトルト食品、インスタント食品や調味料などを家族の人数に応じて配分する(約50人分)。
 対象は年齢、性別は不問だが、生活に困っていることが条件となります。
 また市民からの物資提供も受け付けている。

新熊野学講座「東紀州の星空に魅せられて」@熊野古道センター 尾鷲市
日程: 1 月 23 日( 日 )
時間: 午後1時30分〜午後3時30分
場所: 三重県立熊野古道センター 展示棟 映像ホール(尾鷲市向井12-4)
URL: 三重県立熊野古道センター https://kumanokodocenter.com/
【会場周辺地図】 https://yahoo.jp/vEShaTq
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666/FAX:0597-25-2667
内容:  新熊野学講座の第4回として、尾鷲市立天文科学館の天体観測指導員 湯浅祥司氏を講師にお迎えし、東紀州の夜空と星について学ぶ講座を開催します。
 東紀州は雨の多い地域として知られていますが、中でも尾鷲の雨は、大粒でドシャ降りになるという特徴があります。その雨が天然のシャワーとなって、空気中のチリを落とすことで、空がきれいになり、美しい星空を見ることができます。
参加料・入場料:無料
定員:40名(要申込・先着順)
募集受付期間:令和3年12月20日(月)〜1月22日(土)午後5時まで ※定員になり次第受付終了
講師:湯浅祥司氏(尾鷲市立天文科学館 天体観測指導員・尾鷲市社会教育委員)
スケジュール予定
 13:00 受付開始
 13:30 講座
 14:20 休憩・換気(10分)
 14:30 講座
 15:20 まとめ、アンケート
 15:30 終了

特別展示室企画展「水彩画教室作品展〜熊野古道と東紀州の風景〜」@熊野古道センター【3/27迄】 尾鷲市
日程: 1 月 29 日( 土 ) 〜 3月27日(日)
時間: 10時00分〜17時00分
場所: 三重県立熊野古道センター研究収蔵棟特別展示室(尾鷲市向井12-4)
URL: 開催告知(三重県立熊野古道センター) https://kumanokodocenter.com/exhibition/220129-0327/
【会場周辺地図】 https://goo.gl/maps/JHcPBKJbs8gxHt3B6
お問い合わせ: 三重県立熊野古道センター
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
E-mail info@kumanokodocenter.com
内容:  和歌山県那智勝浦町出身の画家、三隅俊昭氏を講師に迎え、今年度開催したスケッチ教室の成果発表として、参加者が描いた水彩画作品を展示します。
 展示作品の主な内容は、熊野古道センター周辺、馬越峠道、花の窟、獅子岩、熊野速玉大社にて描いたF4サイズの風景画及び、身近なものや風景を描いたはがきサイズの作品を参加者が自ら制作したフレームに入れて展示します。


イベントカレンダートップページへ戻る
くまどこトップページへ戻る

▲このページのトップに戻る
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(C) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.