東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> クチコミ情報
クチコミ情報

みなさんのクチコミ情報をどしどしお寄せ下さい!メールはこちらまで。
クチコミ情報の写真はクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

>>次の10件
只今、紀北町の久保農園で観光いちご狩りが行われています(紀伊長島ICからすぐ)【5月中旬迄】※事前に開園状況を電話確認されることをおすすめします  ( 2018/04/21 掲載) NEW
只今、紀北町の久保農園で観光いちご狩りが行われています(紀伊長島ICからすぐ)【5月中旬迄】※事前に開園状況を電話確認されることをおすすめします  紀北町志子地区にある久保農園【地図】で行われている観光いちご狩りが今年はこの3月24日(土)より始まりました。

 園内のビニールハウスにおいて大粒で甘い品種「章姫(あきひめ)」が食べ放題ということもあり例年、多くのお客さんで賑わいます。
 さらに加えて数年前から栽培が始まった酸味の少ない品種「かおりの」も食べ放題で味わうことができます。

 料金はお一人様が大人(中学生以上)1,200円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円とリーズナブルながら時間制限なしと大変お得です(ただし、赤いイチゴがなくなり次第終了です)。
※追加料金200円で練乳ミルクチューブがあります。

 なお園内には日陰にテーブルや椅子が用意されゆっくりとイチゴを味わえます。

 この観光いちご狩りの期間は5月中旬までで期間中は朝9時30分から始まり16時頃までとなります(但し、営業時間中でも赤いいちごがなくなり次第終了です)。

 子どもに大人気のいちご狩り、春のレジャーに是非お立ち寄りください。
 場所は紀勢自動車道紀伊長島ICからすぐのところにあります。
 
■久保農園
 紀北町島原703(志子地区)【地図
 電話 0597-47-2768

【営業時間】
 9時30分〜16時00分(但し、赤いイチゴが無くなったら終了します)<但し、月曜日は休園>。
 ※土日祝の混雑時などは赤いイチゴが早く無くなることもありますので事前に当日の開園状況をお電話でご確認されることをおすすめします。

【料金】※営業時間内は時間制限なし
 大人(中学生以上) 1,200円
 小  人      1,000円
 幼児(3歳以上)   600円
 →3歳未満は無料

 なお、練乳ミルクチューブも有ります(有料:200円)。


関連リンク
今年の開催告知(紀北町観光協会)
久保農園Facebook
投稿者: まっくす さん

にほんの里100選の浅里にある「飛雪の滝キャンプ場」が4月27日よりリニューアルオープン【只今、コテージ等の予約受付中】  ( 2018/04/17 掲載)
にほんの里100選の浅里にある「飛雪の滝キャンプ場」が4月27日よりリニューアルオープン【只今、コテージ等の予約受付中】  「にほんの里100選」にも選ばれ、熊野川沿いの山里として美しい景観が残る紀宝町浅里地区。
 そんな同地区にある名瀑「飛雪の滝」前の広場にある飛雪の滝キャンプ場【地図】にこのほど4人定員のコテージ8棟と売店や研修室(最大20名の団体宿泊が可能)、多目的スペースなどを備えた直売・集客交流拠点施設(以下、拠点施設)が完成し、この4月27日よりリニューアルオープンします。

 それに先駆け、この4月18日(水)10時半より「リニューアル記念式典」を下記のとおり行います。
 記念式典終了後に、もちまきやコテージ、拠点施設の内覧会も行いますので、ぜひご参加ください。

日時:4月18日(水)午前10時30分から※雨天決行
場所:飛雪の滝キャンプ場【地図


<飛雪の滝キャンプ場について>
■営業日
・4月〜6月、9月〜11月→毎週火曜日休業(GWは無休)
・7月〜8月→無休
・12月〜3月→毎週火・水曜日休業
年末年始(12月29日〜1月3日)休業

■営業時間
・テントサイト
 (日中利用)午前10時からその日の午後4時まで
 (宿泊利用)午後2時から翌日の午前11時まで
・コテージ
 (宿泊利用)午後2時から翌日の午前11時まで
・研修室
 (日中利用)午前10時からその日の午後4時まで
 (宿泊利用)午後2時から翌日の午前11時まで

■利用料金
(1)基本料金
施股名
・テントサイト(1区画/泊)
 サマー(7〜8月) 2,000円
 レギュラー(4〜6月、9〜11月) 2,000円
 バリュー(12月〜3月) 2,000円
・コテージ(1室/泊) 定員4名
 サマー(7〜8月) 13,000円
 レギュラー(4〜6月、9〜11月)10,000円
 バリュー(12月〜3月)7,000円
・研修室(1室/泊) 定員10名
 サマー(7〜8月) 18,000円
 レギュラー(4〜6月、9〜11月)14,000円
 バリュー(12月〜3月)10,000円
(2)一人当たり金額(1泊につき)
施股名
・テントサイト(1区画/泊)
 ※不要
・コテージ(1室/泊) 定員4名
 一般(中学生〜64歳)1,000円
 子ども(3歳〜小学生)  500円
 シニア(65歳以上) 500円
・研修室(1室/泊) 定員10名
 一般(中学生〜64歳)1,000円
 子ども(3歳〜小学生) 500円
 シニア(65歳以上) 500円

※(1)と(2)の金額を足したものが、利用料金となります。
※上記のほか、多目的スペース、キッチン、シャワー室、各種施設が利用できます。(有料)
※紀宝町民が利用する場合は、上記の(2)1人あたりの金額が半額になります。
※2泊目以降は基本料が割引(テントサイト500円、コテージ・研修室1,000円)になります。

関連リンク
飛雪の滝キャンプ場
浅里郷Facebook
投稿者: まっくす さん

御浜柑橘で今が旬の手でむける「カラマンダリン」、「しらぬい(不知火)」(メチャ甘も有)などが好評販売中です、豊富な果汁のセミノールも販売中〜店頭のほかネットでもご購入できます  ( 2018/04/17 掲載)
御浜柑橘で今が旬の手でむける「カラマンダリン」、「しらぬい(不知火)」(メチャ甘も有)などが好評販売中です、豊富な果汁のセミノールも販売中〜店頭のほかネットでもご購入できます  年中みかんが採れる町として有名な御浜町でこだわりのみかんを生産している同町下市木の「御浜柑橘」【地図】で旬のみかんとして手でむけ味のよい「カラマンダリン」の販売が始まりました。同じく手でむける「しらぬい(不知火)」も販売中です。
 ほかにも豊富な果汁の「セミノール」や「せとか」などいろいろなみかんを販売しています。




 
 また、みかんの生果のほかに100%果汁の「みかんジュース」もお手軽サイズからファミリーサイズまで、多種取り揃えております。
 特に「みかんのしずく」「孫心みかんジュース」は、平成28年5月に開催された伊勢志摩サミットへも提供された逸品です。



 なおこれら商品は店頭でのほか御浜柑橘ホームページからもご購入できます。
 
◆お問い合わせ
有限会社御浜柑橘
三重県南牟婁郡御浜町下市木3567【地図
TEL05979-2-1021
FAX05979-2-3438
Webサイト:http://www.mihamakankitsu.jp/
店舗営業時間 8時00分〜17時10分

○御浜柑橘アプリについて
 またこのほど、Androidのスマホ・タブレット向けに「御浜柑橘アプリ」が登場しました。アプリ限定のお得な商品有。ネット注文と同様に商品の購入もできます。
 アプリのダウンロードは
 http://app.appcapsule.com/market/link?appli_id=9800128001
 よりできます。
 ※上記のリンクはスマートフォン、タブレットの場合のみ有効となります。

 是非、インストールしてご活用ください。
関連リンク
御浜柑橘ホームページ
御浜柑橘Facebook
投稿者: まっくす さん

かきうち農園では年間を通じてこだわりみかんをお届けする「旬のオレンジ便(12ケ月)」を販売しています※カタログ進呈中(送料無料)  ( 2018/04/10 掲載)
かきうち農園では年間を通じてこだわりみかんをお届けする「旬のオレンジ便(12ケ月)」を販売しています※カタログ進呈中(送料無料)  御浜町のみかん農家「株式会社かきうち農園」さんは“畑で食べるもぎたてのみかんが一番”として樹上で熟成したものを収穫し、一番みずみずしい、もぎ立ての鮮度で出荷することにこだわったみかんづくりを行っています。

 只今、同農園では年4回、カタログを発行して季節の旬みかんを通信販売しております。

 この2月から5月の春のカタログでは「せとか」や「文旦(ぶんたん)」などを紹介し、販売しています。

 またあわせて1年間、毎月旬の味わいをお届けする定期便「旬のオレンジ便(12ヶ月)」も行っています(お好きな月から開始できます)。

 「旬のオレンジ便(12ヶ月)」
   26,000円(送料込み)
 
 共に詳細はカタログをご覧ください。

 ご希望の方に送料無料でカタログをお届けいたします。カタログのお申し込みは同農園ホームページの受付フォームより申込みいただくか下記までご連絡願います。

(株)かきうち農園
 電話 05979-3-0143
 FAX 05979-3-0144

お気軽にお問い合わせ下さい。



関連リンク
かきうち農園ホームページ
かきうち農園ホームページ受付フォーム
かきうち農園Facebook
投稿者: まっくす さん

4/28 大瀬さんを講師に伝統体験教室「かつお生節づくり体験」開催(熊野古道センター主催)【只今、参加者募集中(4/21・17時迄)】  ( 2018/04/10 掲載)
4/28 大瀬さんを講師に伝統体験教室「かつお生節づくり体験」開催(熊野古道センター主催)【只今、参加者募集中(4/21・17時迄)】  三重県立熊野古道センターではこの4月28日(土)に伝統体験教室「かつお生節づくり体験」を下記のとおり開催します。

 尾鷲をはじめ、古くより漁業が盛んな当地方では、昔から親しまれている魚介類の伝統的食品がいくつかあります。カツオ生節もその一つで、新鮮なカツオを三枚におろした後、大きな釜で煮熟し、桜や樫の木で燻すことで、素材の旨みを引き出し、さらに長期間保存が可能となります。

 三重県立熊野古道センターでは伝統体験教室「かつお生節づくり体験」を開催します。
 尾鷲をはじめ、古くより漁業が盛んな当地方では、昔から親しまれている魚介類の伝統的食品がいくつかあります。カツオ生節もその一つで、新鮮なカツオを三枚におろした後、大きな釜で煮熟し、桜や樫の木で燻すことで、素材の旨みを引き出し、さらに長期間保存が可能となります。
 本年度第1回目の伝統体験教室では、昨年度に好評を得た「かつお生節」の製造体験を開催します。大瀬勇人氏(大瀬勇商店代表)を講師に招き、生節の製造工程を実際の加工場で体験(一部の工程は見学)をしていただきます。参加者の皆さまには、近年、簡便な加工食品が行き渡る中、昔ながらの地元伝統食文化に触れていただく機会とします。

 是非、ご参加ください。

●概要
◇日 時:平成30年4月28日(土) 13時00分〜16時00分
◇参 加 料:1,200円
◇定  員:20名(要申込・応募多数の場合抽選)
◇場  所:大瀬勇商店加工工場(尾鷲漁協近くの広場【地図】集合)
◇講   師:大瀬 勇人氏(大瀬勇商店)
●受  付: 平成30年3月28日(水)〜4月21日(土) 17時まで
※応募多数の場合は抽選

<体験スケジュール>
 13時00分 集合
 13時10分 加工工場着
 13時15分 挨拶・講師紹介
 13時20分〜体験開始
     生カツオ解体の見学→煮熟工程→水ごし工程
     →焙乾工程→成形
 16時00分 体験終了予定
     ※出来上がった生節は各自、持ち帰って頂きます。
     ※持ち物:長靴・エプロン等(汚れてもよい服装)

お問い合わせ・申し込み先
三重県立熊野古道センター
〒519-3625 三重県尾鷲市向井12-4
TEL:0597-25-2666
FAX:0597-25-2667
E-mail info@kumanokodocenter.com
関連リンク
開催告知(三重県熊野古道センター)
大瀬勇商店公式サイト
大瀬勇商店(尾鷲観光物産協会サイト)
投稿者: まっくす さん

熊野市ふるさと振興公社による通年ギフトセット「熊野を贈る」がリニューアルして発売中です※ギフトのほか自宅用にも  ( 2018/04/09 掲載)
熊野市ふるさと振興公社による通年ギフトセット「熊野を贈る」がリニューアルして発売中です※ギフトのほか自宅用にも  熊野市ふるさと振興公社では1年を通じてお買い求めいただける熊野ならではの逸品を集めた贈り物セット「熊野を贈る」(通年ギフト)の内容をこの2月1日よりリニューアルしました。

 大人気の熊野地鶏を始め、熊野市特産の柑橘 新姫(にいひめ)や昔ながらの手作りみそや梅干しなど、熊野ならではの品揃えとなっております。

 先様へのギフトとしてはもちろんですが、ご自宅用にも使い易い商品となっております。

 是非、ご利用ください。

(一財)熊野市ふるさと振興公社
〒519-5413 三重県熊野市紀和町板屋78
TEL 0597-97-0640 FAX.0597-97-0641


関連リンク
「熊野を贈る」(通年ギフト)
熊野市ふるさと振興公社
熊野市ふるさと振興公社Facebook
投稿者: まっくす さん

【毎朝開催中】地魚満載!尾鷲お魚いちば おととの「朝とれお魚市」  ( 2018/04/07 掲載)
【毎朝開催中】地魚満載!尾鷲お魚いちば おととの「朝とれお魚市」  国道42号線沿いの尾鷲市古戸野町にある「尾鷲お魚いちば おとと」【地図】では毎朝、魚市場からがお休みとなる土曜日も含め新鮮な魚を食べて頂こうと自らが運営する尾鷲湾内の定置網でその日の朝獲れた魚介類(いろんな地の魚がいっぱい)や尾鷲名産の養殖真鯛・ブリなどの鮮魚を販売する「朝とれお魚市」を毎日朝10時半頃より開催しています<但し、海の都合等で多少開始時間が前後する事があります(なお、おととの開店自体は朝10時からです)>。

※毎日の朝とれお魚市で売られる鮮魚などの模様は「おととスタッフきまぐれブログ」(カテゴリー:今日のおとと)をご覧ください。

 なおおととでは鮮魚のほか尾鷲周辺でつくられる野菜や米などの農産物、干物などの水産加工品、和洋菓子、調味料、地酒なども販売されます。

 人気の鮮魚はすぐに売れますのでお早めにお越しください。

 この「尾鷲お魚いちば おとと」は平成23年3月3日より売り場などが一新して名称も「旧おわせ魚センター おとと」から変更しリニューアルオープンしました。また営業時間終了時間がこれまでの17時から18時に延長しよりゆっくりお買い物ができるようになりました。
 
 是非、尾鷲お魚いちば おととへお越しください。

■朝獲れ市の模様(スライドショー)

※ご覧いただくにはActiveXの導入が必要です。導入できない場合はココをご覧ください。

■尾鷲お魚いちば おとと
尾鷲市古戸野町
(営業時間)
 10:00〜18:00

※2011年2月11日掲載分(再掲・一部更新)
関連リンク
(新)おととスタッフきまぐれブログ(おととの最新情報満載)
(旧)おととブログ
投稿者: まっくす さん

毎月第3日曜は熊野市磯崎町で朝市「あさなぎ市」開催  ( 2018/04/05 掲載)
毎月第3日曜は熊野市磯崎町で朝市「あさなぎ市」開催  熊野市磯崎町(国道311号沿い)地産地消のアンテナショップ・古々路茶屋【地図】で毎月第3日曜日に朝市「あさなぎ市」が行われています(朝9時から11時頃)。
 地元の海の幸や山の幸が満載の朝市です。来場者には「岩清水豚の豚汁」の振る舞いがありますのでご期待ください。(無くなり次第終了)
 なお人気商品は早く売り切れてしまいますのでお早めにお越しください。
※会場には広い駐車場を用意しています。

<出店予定(変更になる場合があります)>
▼古々路茶屋=昆布寿司、炊き込みご飯
▼茂丸=イカの塩辛、サバ寿司、サンマ寿司、アジ寿司、イワシ寿司、ウツボの唐揚げ
▼まるいち水産=各種干物
▼さぎりの里=尾呂志米、さぎり餅、トマト、イチゴ、甘夏ミカン、他各種春野菜
▼かんばやし=うなぎ弁当、まぶしご飯、プチまぶしご飯、うなぎのおむすび、たれむす、牛すじカレー、だし巻きたま

関連リンク
くまどこ店舗情報 > 古々路茶屋
投稿者: HIT さん

熊野市、尾鷲市、紀北町の観光に路上でお店や観光情報を表示するARアプリ「かざすCITY」シリーズが便利です。  ( 2018/04/03 掲載)
熊野市、尾鷲市、紀北町の観光に路上でお店や観光情報を表示するARアプリ「かざすCITY」シリーズが便利です。  AR(拡張現実)技術を使ってスマートフォンを路上の景色にかざすとお店や名所などの観光情報を表示ししてくれるアプリ「かざすCITY」シリーズが熊野市、尾鷲市、紀北町で利用できます。

 これはスマートフォンで専用アプリを開き、路上で観光スポットやお店のある方角に端末のカメラを向けると、位置情報を基に施設や店舗の紹介、営業時間、現在地からの距離、道案内などが示されるもので「見る」「買う」「トイレ」「駐車場」などのジャンル別や距離別に検索することもできます。

 この「かざすCITY」シリーズのアプリの利用は無料でGooglePlayやiTuneなどで「かざすCITY」で検索しダウンロードしてご利用ください。

※2014年6月1日掲載分(再掲)
関連リンク
「かざすCITY」シリーズ(GooglePlay)
「かざすCITY」シリーズ(iTune)
まち歩きツール「かざすCITY尾鷲」のご案内(尾鷲市WEBサイト))
投稿者: まっくす さん

クマノミチの「端午の節句」(4/28~6/5)で展示する五月人形・兜・甲冑、こいのぼりなどを募集しています【4/20迄】  ( 2018/04/01 掲載)
クマノミチの「端午の節句」(4/28~6/5)で展示する五月人形・兜・甲冑、こいのぼりなどを募集しています【4/20迄】  JR熊野市駅前にある熊野市文化交流センターでは同施設1階ロビーの展示スペース「クマノミチ」において5月の端午の節句にあわせてこの4月28日(土)から6月5日(火)市民の皆さんなどから募集した五月人形、兜、こいのぼりなどを展示する“クマノミチの「端午の節句」”を開催します(開館時間9時〜19時・月曜休館)。
 そこで只今、同館では期間中に展示させていただける
五月人形・兜・甲冑・こいのぼりを下記のとおり募集しています。
 飾らなくなった物や珍しい物(時代物)など、多くの方に見ていただきたいと思いますので、ぜひ、ご協力お願いいたします。

■展示人形の募集について<4月20日まで>
 飾っていただける五月人形・兜、こいのぼりを募集しています。
 息子さんが大きくなられて飾らなくなった五月人形やこいのぼりがあればぜひご協力ください。ご都合に合わせてお伺いします。

 募集期間:
 平成30年4月20日(金)まで


お問い合わせ先:
   熊野市文化交流センター
   電話:0597-89-3686
   FAX:0597-89-3687

※2016年4月17日掲載分(再掲)
関連リンク
熊野市文化交流センター
投稿者: まっくす さん

>>次の10件
▲このページのトップに戻る

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.