東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> クチコミ情報
クチコミ情報

みなさんのクチコミ情報をどしどしお寄せ下さい!メールはこちらまで。
クチコミ情報の写真はクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

<<前の10件 >>次の10件
【6月13日現在・参加チーム募集終了(キャンセル待ちのみ受付)】「紀伊半島ビーチバレーボールフェスティバルIN ATASHIKA2017新姫カップ」(7月30日)開催※お申し込みはお早目に  ( 2017/05/30 掲載)
【6月13日現在・参加チーム募集終了(キャンセル待ちのみ受付)】「紀伊半島ビーチバレーボールフェスティバルIN ATASHIKA2017新姫カップ」(7月30日)開催※お申し込みはお早目に ※平成29年6月13日現在、参加チームが定員(40チーム)を満たしキャンセル待ちのみ受付中のことです。詳しくはココをご覧ください。

 熊野市海岸部にある澄んだ青い海と美しい砂浜が広がる新鹿海水浴場【地図】で夏恒例の「紀伊半島ビーチバレーボールフェスティバルIN ATASHIKA2017新姫カップ」が今年は7月30日(日)に開催されます。

 毎年、暑い砂浜で熱戦が繰り広げられるこの大会の優勝賞金は5万円と高額で、各チームに参加賞があります。
 そこで只今、主催者では下記のとおり中学生以上で、必ず1人は女性を含む1チーム4名で構成する参加チームを募集しています。
 申込み締め切りは7月7日(金)までですが、定員になり次第締め切られます。是非、お早目にお申込みください。申込み用紙並びに詳細は公式Webサイトをご覧ください。

<概要>
開催日:
 平成29年7月30日(日)小雨決行
 ※荒天の場合は、8月6日(日)に延期
受付:
 8時00分〜8時30分 開会式 9時00分
会場:
 新鹿海水浴場(三重県熊野市新鹿町)
 ※新鹿海水浴場キャンプ場周辺【地図
参加資格:
 中学生以上 1チーム4名(6名まで登録可能、選手交代自由。ただし常時1名以上女性が出場すること)
参加費:
 1チーム 3,000円(保険料含む) 申し込み時に納入すること
募集期間:
 平成29年5月29日(月)〜平成29年7月7日(金)(定員になり次第締切)
賞品:
 優勝  5万円 
 準優勝 3万円 
 3位  1万円 
 ※決勝リーグ途中でのビーサン飛ばし 1位チームに熊野地鶏1万円分

申込み方法:
 申込用紙と参加費を申込み先に持参する。また、申込用紙をファックス、郵送する場合は、用紙が着いた時点で仮受付とし、代表者の方に事務局から入金方法の連絡がありますので、入金確認次第受付となります

申込み先:
 熊野市観光スポーツ交流課
 〒519-4392 三重県熊野市井戸町796 
 TEL 0597-89-4111(内線460)  
 FAX 0597-89-3742

※是非、環境省の「快水浴場100選」にも認定された新鹿海水浴場の美しい砂浜を舞台にビーチバレーを満喫してみませんか。

※2017年5月29日掲載分(再掲)
関連リンク
紀伊半島ビーチバレーボールフェスティバルIN ATASHIKA2017新姫カップ
くまどこ新着情報
投稿者: まっくす さん

11月公開に向け二木島祭りを題材にした映画「海にのせたガズの夢」のチケットが熊野商工会議所で発売中(制作資金に充てられます)※神谷えりな、赤井英和さんら出演  ( 2017/05/30 掲載)
11月公開に向け二木島祭りを題材にした映画「海にのせたガズの夢」のチケットが熊野商工会議所で発売中(制作資金に充てられます)※神谷えりな、赤井英和さんら出演  尾鷲市三木里町出身で映像ディレクターの矢口鉄太郎さんが監督となり熊野市二木島町でかつて盛大に行われていた「二木島祭り」(※)を題材とするまちおこし映画「海にのせたガズの夢」が制作されます。
※平成23年より神事のみの開催となっています。

 ヒロイン役となる仮面女子の神谷えりなさんやその父親役として実力派俳優の赤井英和さんをはじめ宮前杏実さん、小南光司さん、光槻りまさんなどのキャストが出演します。
 この7月から熊野市を中心に撮影に入り、劇場公開に先駆けて11月4日(土)、11月5日(日)に熊野市文化交流センターで地元先行上映会が行われます。
 只今、そのチケット(1枚1,200円)を熊野商工会議所【地図】で発売中です。売り上げは全額協賛金として映画撮影に当たられます。また20枚以上購入いただいた個人や団体の方には公式Webサイトやエンドロールに協賛として氏名や団体名を掲載されます。

(あらすじ)
熊野市にある小さな町・二木島町に住む少女・宮内真尋。夏の始まりとともに町にやってきた映画監督・杉原嘉人。
映像制作を通じて交流していく中で、次第に夢を持つ真尋。
地域の守るべき伝統と自身の夢の狭間で葛藤する少女を描いた成長劇。

■映画「海にのせたガズの夢」熊野市特別先行上映について
特別先行上映会:
 2017年11月4日(土)・5日(日)
チケット価格:
 1枚1,200円
会場:熊野市文化交流センター(〒519-4324熊野市井戸町643-2)
※チケット販売所:熊野商工会議所(〒519-4323熊野市木本町171)


関連リンク
映画「海にのせたガズの夢」公式サイト
映画「海にのせたガズの夢」公式Facebook
かつての「二木島祭り」(平成22年)の模様(くまどこイベント報告)
投稿者: まっくす さん

【5月29日より整理券配布開始】熊野市民会館で尾木直樹氏講演会「尾木ママ流共感子育て〜子どもが育つチカラ」(7月9日)開催  ( 2017/05/29 掲載)
【5月29日より整理券配布開始】熊野市民会館で尾木直樹氏講演会「尾木ママ流共感子育て〜子どもが育つチカラ」(7月9日)開催 「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹さん講演会「尾木ママ流共感子育て〜子どもが育つチカラ」がこの7月9日(日)13時30分より熊野市民会館【地図】で開催されます。
 これは社会的擁護を必要とする子ども達の支援を行っている東紀州地域の行政、民間団体、NPO法人などが主催する「社会的養護の社会化フォーラムin東紀州」の一環として開催されるもので、講演に先立ち同フォーラムの活動報告や里親制度の紹介が行われます。
 また講演終了後は尾木直樹さんの書籍販売サイン会も行われます。
 入場は無料ですが事前に整理券が必要です(下記参照)。

○社会的養護の社会化フォーラムin東紀州
尾木ママ流 共感子育て〜子どもが育つチカラ〜
13時30分 フォーラム活動報告
14時15分 里親制度の紹介(5分間映像)
(休憩)
14時30分 尾木ママ講演会
15時40分 講演会終了後 書籍販売サイン会

■入場無料 
 入場整理券が必要 定員700名

※整理券の配布について
○A配布:500枚
 ・配布開始日時:
  5月29日(月)9時00分〜予定枚数配布終了まで
 ・配布場所:
  NPO法人あそぼらいっ(熊野市井戸町220−3・私立井戸幼稚園内)【地図】 
  電話:0597-89-5607
  有馬幼稚園 (熊野市有馬町650)【地図
  電話:0597-89-2397

整理券1枚で1名の入場ができます。
お一人様上限2名様までとさせていただきます。

○Bはがき受付 200枚
 往復はがきに必要事項(住所、氏名、電話番号、年齢、希望枚数)をご記入の上、NPO法人あそぼらいっまでご応募ください。
応募締切:6月8日(消印有効)
 はぎき1枚で2名様まで応募できます。お一人様1枚の応募とします。
 応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
関連リンク
尾木直樹(尾木ママ)公式サイト
講演会チラシ(PDF)
投稿者: まっくす さん

6/18 熊野市磯崎町で朝市「あさなぎ市」が開催されます【毎月第3日曜開催】  ( 2017/05/25 掲載)
6/18 熊野市磯崎町で朝市「あさなぎ市」が開催されます【毎月第3日曜開催】  熊野市磯崎町(国道311号沿い)地産地消のアンテナショップ・古々路茶屋【地図】で毎月第3日曜日に朝市「あさなぎ市」が行われています。
 今月は6月18日(日)朝9時から11時頃まで開催されます(雨天決行)。
 地元の海の幸や山の幸が満載の朝市です。

 来場者には「アイスコーヒーとジュース」の振る舞いがありますのでご期待ください。(無くなり次第終了)

 なお人気商品は早く売り切れてしまいますのでお早めにお越しください。
※会場には広い駐車場を用意しています。

<出店予定(変更になる場合があります)>
▼古々路茶屋=昆布寿司、炊き込みご飯
▼茂丸=カマスの塩辛、サンマ寿司、サバ寿司、アジ寿司、カマス寿司、ウツボの唐揚げ
▼まるいち水産=各種干物
▼さぎりの里=さぎり餅、ジャンボにんにく、キャベツ、じゃがいも、トマト、赤玉ねぎ、その他野菜
▼子どもステーションくまの=チョコレート、ごません、ドーナツボール、有精卵

※2017年6月18日掲載分
関連リンク
くまどこ店舗情報 > 古々路茶屋
投稿者: HIT さん

カゴメから三重県産セミノールを使った「野菜生活100早摘みセミノールミックス」が全国販売されました<6月下旬頃まで・数量限定>  ( 2017/05/22 掲載)
カゴメから三重県産セミノールを使った「野菜生活100早摘みセミノールミックス」が全国販売されました<6月下旬頃まで・数量限定>  この4月11日(火)からカゴメ株式会社より三重県産の柑橘“セミノール”を使用した「野菜生活100 早摘みセミノールミックス」(195ml)が全国発売されました。
 全国各地のコンビニやスーパー等で6月下旬迄の期間および数量限定で販売されます(在庫がなくなり次第、販売終了します)。

 特長は柑橘類の栽培が盛んな東紀州の紀南地域をはじめとする三重県産「セミノール」の早摘みした果実を使用し、そのさわやかな香りと酸味、ほろ苦い味わいを活かした野菜・果実ミックスジュースとなっています。

 またパッケージには、伊勢志摩を代表する名勝の伊勢志摩国立公園の英虞湾(あごわん)を背景に、豊かに実るセミノールのイラストをあしらわれ、側面ではセミノールの紹介のほか、2017年4月21日から開催される日本最大級のお菓子の祭典「全国菓子大博覧会」などの三重県の情報が発信されています。

 なおこの「野菜生活100 早摘みセミノールミックス」は昨年は東海・北陸地域の地域限定での発売(昨年の記事)でしたが、約54万本売れるというヒットとなったので更に味を改良し、今年は全国発売となったとのことです。

 是非、この機会にお試しください。

 ■商品名 
 「野菜生活100 早摘みセミノールミックス」(195ml)
  店頭小売価格(税抜) 140円前後

※セミノールについて
 1910年代にアメリカ農務省が育てた「ダンカングレープフルーツ」と「ダンシータンゼリン」を交配した品種です(名前は「セミノール湖」に由来します)。日本へは昭和40年に農学博士田中長三郎によりアメリカの大学から種子が導入されその後、桂清吉氏が偶然に田中の庭で見つけた枝変わりのものを商品化させ昭和46年に三重県で国内初の栽培が始まりました。
 形や大きさは温州みかんと類似していますが、 表面はなめらかで美しい赤橙色。また果汁が非常に多く温州みかんのような剥きやすさはなく食べるときはナイフで切るのが一般的です。しかし、味は甘み酸味共にしっかりとあり濃厚で美味しく、また独特の強い香りが楽しめる柑橘です。なお一般的に流通する際は収穫直後は酸味が強いので少したってから出荷されます。



※2017年4月23日掲載分(再掲)

関連リンク
「野菜生活100 早摘みセミノールミックス」発売について(カゴメ株式会社プレスリリース)
カゴメ様とのコラボで全国発売です!「野菜生活100早摘みセミノールミックス」(知事ブログ「すごいやんか!三重」)
セミノールについて(三重県Web)
セミノールの通信販売(御浜柑橘Web)
かきうち農園旬のオレンジ便(4月はセミノール)
投稿者: まっくす さん

【毎朝開催中】地魚満載!尾鷲お魚いちば おととの「朝とれお魚市」  ( 2017/05/20 掲載)
【毎朝開催中】地魚満載!尾鷲お魚いちば おととの「朝とれお魚市」  国道42号線沿いの尾鷲市古戸野町にある「尾鷲お魚いちば おとと」【地図】では毎朝、魚市場からがお休みとなる土曜日も含め新鮮な魚を食べて頂こうと自らが運営する尾鷲湾内の定置網でその日の朝獲れた魚介類(いろんな地の魚がいっぱい)や尾鷲名産の養殖真鯛・ブリなどの鮮魚を販売する「朝とれお魚市」を毎日朝10時半頃より開催しています<但し、海の都合等で多少開始時間が前後する事があります(なお、おととの開店自体は朝10時からです)>。

※毎日の朝とれお魚市で売られる鮮魚などの模様は「おととスタッフきまぐれブログ」(カテゴリー:今日のおとと)をご覧ください。

 なおおととでは鮮魚のほか尾鷲周辺でつくられる野菜や米などの農産物、干物などの水産加工品、和洋菓子、調味料、地酒なども販売されます。

 人気の鮮魚はすぐに売れますのでお早めにお越しください。

 この「尾鷲お魚いちば おとと」は平成23年3月3日より売り場などが一新して名称も「旧おわせ魚センター おとと」から変更しリニューアルオープンしました。また営業時間終了時間がこれまでの17時から18時に延長しよりゆっくりお買い物ができるようになりました。
 
 是非、尾鷲お魚いちば おととへお越しください。

■朝獲れ市の模様(スライドショー)

※ご覧いただくにはActiveXの導入が必要です。導入できない場合はココをご覧ください。

■尾鷲お魚いちば おとと
尾鷲市古戸野町
(営業時間)
 10:00〜18:00

※2011年2月11日掲載分(再掲・一部更新)
関連リンク
(新)おととスタッフきまぐれブログ(おととの最新情報満載)
(旧)おととブログ
投稿者: まっくす さん

熊野市、尾鷲市、紀北町の観光に路上でお店や観光情報を表示するARアプリ「かざすCITY」シリーズが便利です。  ( 2017/05/20 掲載)
熊野市、尾鷲市、紀北町の観光に路上でお店や観光情報を表示するARアプリ「かざすCITY」シリーズが便利です。  AR(拡張現実)技術を使ってスマートフォンを路上の景色にかざすとお店や名所などの観光情報を表示ししてくれるアプリ「かざすCITY」シリーズが熊野市、尾鷲市、紀北町で利用できます。

 これはスマートフォンで専用アプリを開き、路上で観光スポットやお店のある方角に端末のカメラを向けると、位置情報を基に施設や店舗の紹介、営業時間、現在地からの距離、道案内などが示されるもので「見る」「買う」「トイレ」「駐車場」などのジャンル別や距離別に検索することもできます。

 この「かざすCITY」シリーズのアプリの利用は無料でGooglePlayやiTuneなどで「かざすCITY」で検索しダウンロードしてご利用ください。

※2014年6月1日掲載分(再掲)
関連リンク
「かざすCITY」シリーズ(GooglePlay)
「かざすCITY」シリーズ(iTune)
投稿者: まっくす さん

尾鷲市九鬼町の海が間近にあるお食事処「網干場(あばば)」が好評です※食堂は土日のみ営業、水・木・金は喫茶営業  ( 2017/05/19 掲載)
尾鷲市九鬼町の海が間近にあるお食事処「網干場(あばば)」が好評です※食堂は土日のみ営業、水・木・金は喫茶営業  尾鷲市九鬼町にあるお食事処「網干場(あばば)」【地図】はすぐ目の前が海という絶好のロケーションです。

 こちらはお食事ができる食堂が毎週土・日曜日の昼11時から14時までの営業で、水・木・金曜日の10時から15時までは喫茶店として営業しています。
 
 食堂の営業日には地元、九鬼の港に揚がるブリをはじめとした新鮮な魚をメインとした料理がリーズナブルな値段で召し上がれます。
 先日(平成28年4月9日)、テレビ朝日「人生の楽園」で紹介されたこともあり、その新鮮な海の幸の定食を食べに遠方からも多くのお客さんか来られています。

【食事メニュー例】
大敷まかせの刺身定食 1,000円(九鬼ブリ、ヤガラ、スルメイカ)
海の気まぐれミックスフライ 1,000円(アジ、ムツ、スルメイカなど)
漁師おまかせの握り寿司定食 1,000円
ブリのしゃぶしゃぶ 300円

 メニューなどは水揚げ状況などで変わることがありますので事前に網干場Facebookページでご確認いただくと良いかと思います。

※この記事の画像は大敷まかせの刺身定食(1,000円)とブリのしゃぶしゃぶ(300円)を注文した際の様子です。

なお、お店の横には6台ほど停められる駐車場も設けられています。





※2017年4月17日掲載分(再掲)
関連リンク
網干場Facebookページ
投稿者: まっくす さん

【今シーズンの観光いちご園の営業終了】紀北町の久保農園の観光いちご狩りについて(紀伊長島ICからすぐ)  ( 2017/05/18 掲載)
【今シーズンの観光いちご園の営業終了】紀北町の久保農園の観光いちご狩りについて(紀伊長島ICからすぐ)  紀北町紀伊長島区の志子地区にある久保農園【地図】で今年は3月19日から行われ好評を博している観光いちご狩りがちょうど2か月となる5月18日(木)で今シーズンの営業を終えたとのことです。
 また、来シーズンにご期待ください。


※以下、過去の記事

 紀北町紀伊長島区の志子地区にある久保農園【地図】で行われている観光いちご狩りが今年はこの3月11日(土)より始まりました。

 園内のビニールハウスにおいて大粒で甘い品種「章姫(あきひめ)」が食べ放題ということもあり例年、多くのお客さんで賑わいます。
 さらに加えて一昨年から栽培が始まった酸味の少ない品種「かおりの」も食べ放題で味わうことができます。

 料金はお一人様が大人(中学生以上)1,200円、小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円とリーズナブルながら時間制限なしと大変お得です(ただし、赤いイチゴがなくなり次第終了です)。
※追加料金200円で練乳ミルクチューブがあります。

 なお園内には日陰にテーブルや椅子が用意されゆっくりとイチゴを味わえます。

 この観光いちご狩りの期間は5月下旬までで期間中は朝9時30分から始まり16時頃までとなります(但し、営業時間中でも赤いいちごがなくなり次第終了です)。

 子どもに大人気のいちご狩り、春のレジャーに是非お立ち寄りください。
 場所は紀勢自動車道紀伊長島ICからすぐのところにあります。
 
■久保農園
 紀北町紀伊長島区島原703(志子地区)【地図
 電話 0597-47-2768

【営業時間】
 9時30分〜16時00分(但し、赤いイチゴが無くなったら終了します)<但し、月曜日は休園>。
 ※土日祝の混雑時などは赤いイチゴが早く無くなることもありますので事前に当日の開園状況をお電話でご確認されることをおすすめします。

【料金】※営業時間内は時間制限なし
 大人(中学生以上) 1,200円
 小  人      1,000円
 幼児(3歳以上)   600円
 →3歳未満は無料

 なお、練乳ミルクチューブも有ります(有料:200円)。



※2017年3月11日掲載分(再掲)
関連リンク
今年の開催告知(紀北町観光協会)
久保農園Facebook
投稿者: まっくす さん

【参加店・出店者募集中】今年の尾鷲旬のコツまみバルはハロウィンと合わせて“10月28日(土)”に開催!  ( 2017/05/06 掲載)
【参加店・出店者募集中】今年の尾鷲旬のコツまみバルはハロウィンと合わせて“10月28日(土)”に開催!  2013年から始まり、地域の飲食店がそれぞれのチョイ飲みメニューを用意してお客さんが共通のチケットで食べ飲み歩く「バル」イベントとして県内でさきがけて実施され人気を博している「尾鷲旬のコツまみバル」はここ数年は毎年5月に実施されてきましたが、今年はハロウィーンに合わせて秋深まる“10月28日(土)”に開催されます。
 
 只今、「尾鷲旬のコツまみバル」実行委員会(尾鷲商工会議所内)ではバル参加店(同市内飲食店)ならびに当日、同時開催されるハロウィンイベントの出店者を募集しています。 

 お問い合わせは

 「尾鷲旬のコツまみバル」実行委員会
  電話 0597-22-2611

まで。

※2017年4月17日掲載分(再掲)
関連リンク
尾鷲旬のコツまみバルFacebook
尾鷲商工会議所
投稿者: まっくす さん

<<前の10件 >>次の10件
▲このページのトップに戻る

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.