東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 熊野市と紀和町が合併!新「熊野市」誕生!
新着情報

熊野市と紀和町が合併!新「熊野市」誕生!(2005/11/01)  

熊野市と紀和町が11月1日に合併し、新「熊野市」が発足しました。新市の本庁舎となる旧熊野市役所と紀和庁舎となる旧紀和町役場で、それぞれ開庁式が開かれ、船出を祝いました。
本庁舎の開庁式には関係者約300人が出席し、市長職務執行者を務める旧紀和町長の下川勝三氏が「新熊野市は、世界遺産『熊野古道』を代表とする、すぐれた歴史的・文化的資源や海・山・川の恵まれた自然資源を豊富に有しています。
このことから、新しいまちの将来像を『豊かな自然と歴史に育まれた活力と潤いのあるまち・熊野』といたしました。また、少子、高齢化による人口の減少、窮迫する自治体の財政状況を乗り越えていくため、『市民が主役、地域が主体のまちづくり』を基本理念としてまちづくりに取り組むことといたしました。新市の人口は2万2千人足らずで、高齢化率も30%を超えておりますが、豊富な資源の活用を図るべく、市民の皆様一人ひとりの力によるまちづくりに臨むとともに、すばらしいまちを次の世代へ継承していくことが私たちの大きな役目であると考えています。そのためには、旧熊野市、旧紀和町の皆さんが、これまで以上に仲良く交流し、さらには連携して一日も早く一体感を出すことが大事ではないかと思っております。そして、新しいまちづくりを市民の皆さんと一緒に取り組み、合併して良かったというまちの実現に努力していかなければならないと思っています。本日、旧2市町の各々の歴史を踏まえ、『活力と潤いのあるまち・熊野』を創り上げるスタートが切られました。産業の活性化による働く場の確保、少子高齢化や自然災害への対応、交通体系の整備、地域資源の保全と活用など、新市の課題は数多くありますがが、ここにおられる皆様方、また、市民の皆様方のご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます」とあいさつしました。
植田十志夫紀南県民局長と森本繁史県議、萩野虔一県議が祝辞を述べ、下川市長職務執行者と旧熊野市の河上敢二前市長らが玄関前でテープカットをして、新しい歴史がスタートしました。
紀和庁舎の開庁式には、職員ら約20人が出席。向山兼司紀和総合支所長兼地域振興課長が下川市長職務執行者の式辞を代読し、「熊野市役所紀和庁舎」と書かれた看板の除幕を行いました。

【新市の概要】
●人口  21,753人(平成17年10月1日現在・住民基本台帳人口)
●世帯数 10,193戸(同上)
●面積  373.63平方キロメートル
●新市の将来像「豊かな自然と歴史に育まれた、活力と潤いのあるまち・熊野」

新しい新「熊野市」のホームページも出来上がり、新たな1歩が始まりました。
熊野市のホームページ

>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース
新市の発足を祝ってテープカット

最新ニュース
本庁舎の開庁式に出席した関係者

最新ニュース
熊野市役所紀和庁舎の看板を除幕

最新ニュース
紀和庁舎の開庁式に臨む職員ら

最新ニュース
誕生した新「熊野市」の中心部
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.