東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 12/15 「昭和東南海地震75年 みえ地震対策の日シンポジウム」開催【御浜町中央公民館】
新着情報

12/15 「昭和東南海地震75年 みえ地震対策の日シンポジウム」開催【御浜町中央公民館】(2019/12/03)   

今年は、昭和19年12月7日に発生した昭和東南海地震から75年の節目にあたることから
この災害の教訓を次世代に継承するとともに
県民の皆さんの防災・減災意識を高めるため
みえ防災・減災センター、三重県、三重大学、津地方気象台が主催し
御浜町とともにシンポジウムを下記のとおり開催します。
1 開催日時 
令和元年12月15日(日) 12時〜16時30分
※基調講演、パネルディスカッションは13時00分から実施します。
(開場12時00分から)
※防災・減災啓発展示は12時00分から実施します。
2 開催場所 
御浜町中央公民館アメニティーホール
3 参加費・定員 
入場無料・定員400名
4 実施内容
(1)基調講演
「愛する家族・地域を自然の脅威である地震・津波から守るには?」
・今村 文彦(いまむら ふみひこ)氏
東北大学災害科学国際研究所 所長(災害リスク研究部門津波工学研究室 教授)
(2)みえの防災大賞表彰式
(3)パネルディスカッション
「昭和東南海地震の教訓をふまえた学校・地域・家庭が一体となった防災・減災のあり方」
パネリスト
・大畑 覚(おおはた さめる)(御浜町長)
・植前 健(うえまえ けん)(御浜町立阿田和小学校 校長)
・須 眞(すざき まこと)(紀南病院組合立紀南病院 院長)
・柳生 和美(やぎゅう かずみ)(古和浦会(古和浦親子防災の会)共同代表)
コメンテーター 今村 文彦 氏(前掲)
コーディネーター 鈴木 英敬(すずき えいけい)(三重県知事)
総括「南海トラフ地震を踏まえた東紀州地域の現状と課題」
川口 淳 (かわぐち じゅん) (三重大学大学院工学研究科 准教授)
(4)防災・減災啓発展示等(12時00分から16時30分まで)
・三重県立図書館による防災、減災関連本の貸出
・防災科学技術研究所による陸海統合地震津波火山観測網「MOWLAS」の紹介
・書籍の展示『現代三重の災害』−『三重県史』(通史編 近現代2)・別編−
・地震体験車による地震体験
・みえ防災・減災アーカイブ体験
・防災・減災に係る各種パネル展示
5 申込方法 郵送、FAX、メールにより参加申込みを受け付けています。
詳しくは、下記URLにて
みえ地震対策の日シンポジウムHP http://www.midimic.jp/news/syouwatounannkai.html

【申込み先】
〒514−8507
津市栗真町屋町1577 三重大学地域イノベーション研究開発拠点A棟3階
三重県・三重大学 みえ防災・減災センター
TEL :059−231−5694
FAX :059−231−9954
e-mail :bosai@crc.mie-u.ac.jp

>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース

最新ニュース

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.