東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 只今、熊野古道センターで世界遺産登録15周年記念企画展「矢ノ川峠物語〜想い出がこだまする〜」開催中【12/15迄】
新着情報

只今、熊野古道センターで世界遺産登録15周年記念企画展「矢ノ川峠物語〜想い出がこだまする〜」開催中【12/15迄】(2019/12/10)  

 尾鷲市向井にある三重県立熊野古道センター【地図】において熊野古道世界遺産登録15周年記念企画展として「矢ノ川峠物語〜想い出がこだまする〜」が12月15日(土)まで開催されます(開館時間は9時から17時まで)。

 地形が急峻で雨量が多い紀伊半島南東部は、古くから地域と地域を行き来する道の開削が遅れ、人の移動や生活物資の運搬には相当な労力を費やしたと考えられます。
 特に現在の尾鷲市と熊野市の間は深く刻まれたV字谷の急峻な山々が折り重なり、また沿岸部まで山が迫り出しているため、長い間両市を行き来する交通手段は、地域と地域を結ぶ生活道などを歩いて往来するか、船を利用するかのいずれかでした。
 やがて、土木技術の進歩により橋梁やトンネル建設が採用されるようになると、峻険な山間部でもそれらが応用され、尾鷲市と熊野市を結ぶ矢ノ川(やのこ)峠にも山岳道路が開削されました。
 開通当初は索道、いわゆるロープウェイと民間の乗り合いバスを併用して両市を行き来していましたが、昭和11年には矢ノ川峠道南谷経由が竣工となり、両市間約43劼2時間45分で結ぶ国鉄バスが運行されるようになりました。
 そして、昭和34年に紀勢本線の開通にともない、峠を越える路線バスは廃止となり、より標高の低い所にトンネル2ヶ所を貫通させ、昭和43年に昭和新道として竣工し、路線が変更となりました。
 時代とともに技術が進歩し、それにともないより早くより安全に通行できるような交通システムが構築され、地域の道路事情が変遷してきました。
本企画展では、尾鷲市と熊野市を結ぶ矢ノ川峠道の交通変遷に焦点を当て、安全索道や国鉄バスに関わる様々な資料と古写真を紹介し、往時を回顧します。


≪展示構成≫
1.自動車が走る
   峻険な矢ノ川峠にはじめての車道〜明治道の開削〜
2.日本最初の旅客索道運行
   世界初単線自動循環式2人乗りロープウェイ第1号機〜ロープウェイの稼働〜
3.省営バスが走る〜峠物語
  鉄道省(日本国有鉄道の前身)の路線バスが運行
4.現在の矢ノ川峠道
  写真や動画などで現在の道を紹介

>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース
旧矢ノ川峠【くまどこフィールドレポートより】

最新ニュース

最新ニュース

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.