東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 【申込受付中】1/23 第3回「もう一つの熊野古道「哀愁の矢の川峠」」開催<有料・申込締切(1/21迄)>
新着情報

【申込受付中】1/23 第3回「もう一つの熊野古道「哀愁の矢の川峠」」開催<有料・申込締切(1/21迄)>(2022/01/18)  

 令和4年1月23日(日)10時から約1時間30分ほどかけて 第3回目のとなるもう一つの熊野古道「哀愁の矢の川峠」が開催されます。
 ガイド、レポーターはイラストレーターの「植野めぐみ」さんです。
様々な場所の絵地図は、本当に感動するものばかり。
さらに熊野古道はもちろん四国のお遍路道や、ヨーロッパの様々な道を歩いてきた強者でもあります。

古くから尾鷲と熊野の間のルートは海沿いの集落を結ぶ熊野古道伊勢路と矢の川峠を経て評議峠を越えて熊野に入るルートの二つがありました。
矢の川峠ルートは江戸時代、紀州藩の熊野市紀和の役所につながる道であり直接本宮大社へも繋がるもう一つの熊野古道でもありました。
明治時代に入ってからは矢の川峠のルートが熊野街道になり、荷車の道が整備されました。
さらに大正時代に入り乗合自動車が走り、日本初のロープ―ウェイも開業しました。
さらに昭和11年には大型自動車が通れる昭和道が整備されて国鉄バスが運行されます。
このように808mの矢の川峠はこの地域の経済と人の交流に大きく影響を与えてきました。
多くの人の想いを受け止めてきた峠は今は廃道となりいつしか忘れ去られる存在となりました。
ツアーは明治道をたどり途中から昭和道に合流して峠まで歩きます。

参加接続システム:ZOOM
人数:40名
オンラインツアー参加券 \2,000
オンラインツアー参加券 + 秘境ガイドブック「魅せます尾鷲」\3,200
申し込み締め切り:1月21日(金)

お問合せ:奥熊野体感ガイド 福田晃久
mail yado@woodpeck.jp
tell 080-3648-5499



奥熊野を舞台に今後も様々なオンラインツアー行う予定です。
第4回は、熊野古道三木峠羽後峠、飛鳥神社と曽根城を巡る。
上記ツアーは日程が決まり次第情報アップします。
第2回ツアーはPeatixというシステムから参加申し込みができます。(関連リンクより)

※2022年1月9日掲載分


>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース
矢の川峠

最新ニュース

最新ニュース

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.