東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 令和5年産 尾呂志の酒「颪(おろし)」新酒が販売中です。
新着情報

令和5年産 尾呂志の酒「颪(おろし)」新酒が販売中です。(2024/02/21)  

2月20日(火)御浜町役場で三重県の酒米「神の穂」を使ったお酒「颪(おろし)」の新酒報告を御浜町長に地域おこし団体“尾呂志「夢」アグリ”がおこないました。
今年は、三重県の酒米「神の穂」1800kg(30俵)の酒米を使い、伊賀市の大田酒造が醸造し、口触りが良く旨味のある上品な日本酒になりました。

この取り組みは、「田んぼからおちょこまで〜「限界」集落を「宴会」集落に!」を合言葉に、かつての酒米栽培を復活し日本酒を醸することで地域の活性化につなげるべく、同地区の水田において三重県生まれの酒米「神の穂」を水田環境、特に水田の生物多様性を守る方法で栽培し「尾呂志の酒」としてその酒米を原料に「颪(おろし)」と名付けられた純米大吟醸酒を醸造し、販売する取り組みです。
今年はその取り組みも節目の10年目を迎え、地元御浜町では名物として定着しています。

720ml瓶詰め 1本 2,090円(税込標準価格)で今年も下記のお店で販売されます。
お買い求めの際は、「今年の新酒売ってますか?」とお尋ねください。
1500本の限定品となります。お早めにどうぞ。
御浜町…山田商店(川鵝
小倉屋商店(志原)

熊野市…熊野市駅前特産品館(井戸町)
ワインハウス・モリオカ(井戸町)

尾鷲市…おわせお魚いちば「おとと」(古戸野)

伊賀市…大田酒造「りかこ」(上之庄)

バックナンバー
最新ニュース
今年の新酒

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.