東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 10/12 木本神社例大祭がおこなわれました。
イベント報告

10/12 木本神社例大祭がおこなわれました。(2008/10/13)  

快晴に恵まれた日曜日の10月12日、木本神社例大祭がおこなわれました。
午前10時から神事がおこなわれ、祝詞奏上、浦安の舞、玉串奉典、御神輿への神移しがおこなわれ、正午から木本神社を出発し、木本の町を練り歩きます。
今年は、20年ぶりに稲荷山車を早い時期から若衆が担ぎながら町を練り歩き、いつもより威勢の良いかけ声が響きました。
木本祭りのもう一つの大きな特長の六法(方)行列も、隈取りをした子どもたちが沿道で見守る多くの人の間を太鼓や笛に合わせながら、かけ声とともに進んで行きました。
今年は、御神輿の浜担ぎも見に行きました。夕焼けに染まる七里御浜海岸を進み、熊野灘の海水をかけて清め戻る行事で、浜辺には大勢の関係者と観客が見守り、夜の闇が追いかけ始め月が輝き始める中、全身全霊をかけ御神輿を担ぐ若衆に見とれました。

木本神社例大祭がおこなわれる木本町は、江戸時代に紀州徳川家の本藩公領地として『奥熊野代官所』が置かれ、熊野地方(熊野川以東から三重県北牟婁郡紀北町)の中心地として栄えた町です。木本神社は、もともと「若一王子権現」(“若一王子”は天照大神を意味します)と言われ、新田地区にあったものを現在地に遷座したと言われています。
慶長13年(1608年)の遷宮棟札が現存しており、その頃から祭礼が行われています。

今年の木本祭りのスケジュール
10月11日宵宮祭(例大祭前日)19:00
「稲荷山車(ダンジリ)」19:30 神社到着
20:15 「六法(方)行列」木本神社到着
20:35 「よいや」木本神社到着
20:40 「子どもみこし」木本神社到着
20:45 「元宮太鼓」木本神社到着

10月12日例大祭 
10:00 神事(祝詞奏上、浦安の舞、玉串奉典、御神輿への神移し)
正午頃から「稲荷山車」が“御旅所(稲荷神社)”へ出発
「御神輿」出発
「六法(方)行列」出発
「よいや」出発
「子どもみこし」出発
「元宮太鼓」出発
17:00頃「御神輿」が“御旅所”から出発“浜担ぎ”
24:00頃「御神輿」が木本神社に到着

熊野市百科大事典:祭りと催し『木本神社 祭礼 』
2007年10/7 木本神社例大祭
2006年10/8 木本祭り


バックナンバー
イベント報告
木本神社から勢い良く出る稲荷山車(ダンジリ)

イベント報告
木本神社内で浦安の舞を奉納する巫女

イベント報告
子どもたちの隈取りがユニークな六法行列

イベント報告
よいや は威勢良く神輿を持ち上げるのが特長です。

イベント報告
浜担ぎ 熊野灘の海水で清められる御神輿
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.