東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 2/2 世界遺産「花の窟神社」春期例大祭
イベント報告

2/2 世界遺産「花の窟神社」春期例大祭(2009/02/02)  

穏やかに晴れ渡った2月2日(月)午前10時から、熊野市有馬町(国道42号沿い)にある世界遺産「花の窟」で春期例大祭がおこなわれました。
イザナミノミコトの御陵といわれる花の窟(高さ約45メートルの巨岩がご神体)の「お綱」をかけなおす「お綱かけ」の神事がおこなわれ、多くの参拝客が訪れ、古くから続く神秘的なおこないを見守り、そして参加しました。
「日本書紀」に「土俗(くにひと)、この神の魂を祭るには、花の時に花を以て祭る」とあり、その歴史の深さがうかがえます。
「お綱かけ」の神事は、長さ約160メートルの稲わらで編まれた大綱を引き上げ、片方を七里御浜海岸まで引き出し、境内の支柱に結びつける行事です。誰でも参加できるこの神事に今年も多くの人が参加しました。
神事は、午前10時に花火が上がると始まり、まず宮司、「お綱かけ」神事を花の窟の大岩の上に登っておこなう7人の「上り子」、巫女が鳥居から入場します。
そして7人の「上り子」のお祓いがおこなわれ、錘石やロープ、餅などを授かり裏手からご神体である岩山の上に上がり、錘石を重りにロープを下ろし、下に置いてある約160メートルの「お綱」に結び、引き上げます。
「お綱」が結ばれて固定されると、参拝客のみなさんで「お綱」を引き始めます。160メートルもある「お綱」は、国道42号を一時通個止めにして七里御浜の波打ち際まで引かれ、そして大きく山側に戻り、大きな電柱のような支柱に架けられます。
今回は、右に左に引っ張ったり戻したりと、なかなか上手く架かりませんでしたが、最後には上手く架かり、「お綱」は無事新しいものに架け替えられました。
その後神事が、巫女の舞の奉納等がおこなわれ、春の例大祭は無事終わりました。
昨年の10月2日架けられた「お綱」がまだ残っており、今は2本の「お綱」が架かった状態です。
熊野へお越しの際は、もっとも古い歴史をもつと言われる「日本最古の神社」花の窟へ、ぜひお立ち寄りください。

関連リンク
2008年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2007年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2006年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭


バックナンバー
イベント報告
「お綱かけ」神事

イベント報告
7人の「上り子」が、神事に必要な道具等を受け取ります。

イベント報告
「お綱」が引き上げられていきます。

イベント報告
2本架かっている現在の「お綱」

イベント報告
舞の奉納
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.