東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 『永昌寺曼荼羅』公開
イベント報告

『永昌寺曼荼羅』公開(2005/02/15)

今日、紀伊長島町前山地区の永昌寺で、伝来の三曼荼羅が公開された。毎年2月15日の涅槃会(釈迦命日)に本堂で公開されるもので、この日に合わせて永昌寺ハイキングを楽しむ地元の人々の姿も見られた。訪れた人は、荘厳な本堂内で秘宝の軸を目前にして、住職から曼荼羅についての話や昔の周辺集落の様子の話を聞いた。

「釈迦涅槃図」の中には、後の葬儀の原型となる道具類も画かれており、釈迦の死を嘆き悲しんですすり泣く声が聞こえてきそうだ。また「地獄図」には、鬼に釜茹での刑に処される人々の姿や、老婆の妖怪に衣服を剥がれる姿など、今にも地獄から鬼が出てきそうな、おどろおどろしい様子が画かれている。これらが年月を経てなお色鮮やかで、三軸が掛けられた壁面から妖力を発しているような迫力である。

仏寺の秘宝等は非公開のものが多い中で「永昌寺の涅槃さん」として地域の人々に親しまれている「ふるさと」の文化財である。


>>関連リンク


バックナンバー
イベント報告
永昌寺

イベント報告
三曼荼羅

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.