東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 1/10 「産田神社例大祭」が開催されました。
イベント報告

1/10 「産田神社例大祭」が開催されました。(2012/01/10)

弥生時代からつづくといわれ、大変古い歴史を持つ熊野市有馬町の産田神社で1月10日(火)に例大祭が午前10時よりおこなわれました。
花の窟に葬られているイザナミノ尊がカグツチノ神を産んだ場所として伝えられ、この神話に由来して、安産と子育ての神様として知られ例年1月10日に「子供の健やかな成長と、安産」を願い、祭礼が執り行われます。
当日は10時より神事がおこなわれ、境内手前の社殿の中では、「奉飯」と呼ばれる膳(汁かけ飯、サンマの骨付き姿寿司、イカの唐辛子和え)の受付がおこなわれ、子供の健やかな成長を願って今年も多くの人が参拝に訪れていました。
午前10時、花火の号砲と共に神事が始まり、神事のが終わると弓引きがおこなわれ、最後は餅まきがおこなわれて祭りは終わります。
今年は、昨年に比べて暖かな日となり、産田神社には多くの親子が訪れて、「奉飯」をいただいていました。
今年も、取材の後、娘たちと合流して一緒に「奉飯」をいただきました。
杯には濁り酒が少量あり、イカの唐辛子和えは、子どもたちには辛いので、ほとんどを私が食べ、豆腐入りの汁かけ飯は、子どもたちが競うように食べて(がっついて)いきました。
骨付きさんまの姿寿司は、ほとんどが家に持ち帰り食べます。(写真上の白い包装紙で包まれたものです)
この「奉飯」で伝えられたさんま寿司が、この産田神社より始まったということで、熊野特産さんま寿司発祥の地ともなっています。
そして例大祭には欠かせない、うぶたみやげ「粟おこし」は、幼い頃から必ず買って帰るものとしてあるもので、今年も忘れずに買って帰りました。
40年程前は、産田神社前には多くの露天商が軒を並べたものでしたが、今では無くなりました。(地元のたこ焼き屋さんが出ていました)
おどろおどろしい看板の見世物小屋などもあった事を記憶していますが、今の子どもたちは知らない事です。
今年も身体が丈夫で、事故のないことを願いました。

関連リンク
2011年の産田神社例大祭
2010年の産田神社例大祭
2009年の産田神社例大祭
2008年の産田神社例大祭
2007年の産田神社例大祭
くまどこ百科事典:『産田神社』


バックナンバー
イベント報告
神事の始まり

イベント報告
巫女の舞

イベント報告
弓引き神事

イベント報告
最後の餅まき

イベント報告
奉飯 上がサンマの骨付き姿寿司
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.