東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 1/2 神内神社でお弓行事がおこなわれました。
イベント報告

1/2 神内神社でお弓行事がおこなわれました。(2017/01/02)

三重県紀宝町の神内(こうのうち)にある岩倉が御神体の神内神社で1月2日午前9時からお弓行事(弓神事)がおこなわれました。
穏やかで暖かなお正月を迎えたこの地方で、毎年1月2日にこの神事はおこなわれています。
昨年に続き今年もお邪魔し撮影をさせていただきました。
午前9時から神内神社で神事がおこなわれ、弓を引く4人と弓拾いの小学生2人、荷物持ちの小学生の女子2名、そして祭りをおこなう頭衆が神殿の前で清められ、少し離れた神社の田んぼに場所を移し、的に矢を射ります。
1980年後半の資料には「鬼」と書いた的と書かれているものがありましたが、現在は黒い円の的です。
神社から全員で並び、鈴を鳴らしながら行列をつくり移動し、午前10時より弓引きがおこなわれます。
午前10時に、神社の田んぼに供えた的の前でお祓いを受け、弓引きは始まります。
矢は、2人の若者によって2本づつ放たれ、的に当たると見物客から歓声と拍手がおこりました。
最後には、35本の矢を空に放ち遠く飛ばします。
その矢を拾い集めたところで祭りは終わります。
昨年見ようと思い、見られなかったものの一つに、「頭渡し」がありました。今年の頭衆から来年祭りをおこなう頭衆への引き渡しの儀式で、今年は最後まで見ることができました。
頭渡しは、弓神事が終わったあと、神内神社の神殿前に今年の頭衆と来年の頭衆が集まり、宮司からお祓いを受け、その後来年の頭衆が神殿を前に左側(お祓いを受ける前側)、そして今年の頭衆が後ろ側に並びます。
そして今年の頭衆が反対側を向き、向かい合う形で御座の上に座ります。
そして祭りで使う頭衆の印である数珠(竹の管のもの)を額をくっつけあった状態で、数珠を掛け渡します。
そうして来年に祭りは引き継がれ、この後「なおらい」がおこなわれ祭りは終わりとなります。

関連リンク(大きな写真で見ることができます)
2017年1/2 神内神社お弓行事(紀宝町神内):1
1/2 神内神社お弓行事 頭渡し(紀宝町神内):2
2016年1/2 神内神社お弓行事


バックナンバー
イベント報告
神内神社でお祓いを受けます。

イベント報告
神社の田んぼでの儀式

イベント報告
弓引き、今年は的に多くあたりました。

イベント報告
最後に空に向かって矢を放ちます。

イベント報告
頭渡しの儀式
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.