東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 2/2 花の窟「お綱かけ神事」が行われました。
イベント報告

2/2 花の窟「お綱かけ神事」が行われました。(2017/02/03)

 2月2日(木)午前10時から、熊野市有馬町(国道42号沿い)にある世界遺産「花の窟」で春期例大祭がおこなわれました。【地図】。

 イザナミノミコトの御陵といわれる花の窟は、高さ約45メートルの巨岩をご神体とし、自然崇拝を今に伝える神社でその空間は、国道に面していながら静寂と神秘に包まれています。この花の窟神社は最も古い歴史があるとされ「日本最古の神社」とも言われています。

 「お綱かけ」神事は毎年曜日に関係なく春季(2月2日)と秋季(10月2日)の年2回おこなわれるもので、その模様は「日本書紀」に「土俗(くにひと)、この神の魂を祭るには、花の時に花を以て祭る」との記載もあり、その歴史の深さがうかがえます。

 この神事では長さ約170メートルの稲わらで編まれた大綱を引き上げ、参加者の皆さんでもう片方を七里御浜海岸まで引き出し、最後に境内の支柱に結びつけます。
世界遺産に登録されてから年々「お綱かけ神事」に参加する人も増えており、今年も平日に関わらずに境内が人でいっぱいになる程訪れていました。
午前10時に鳥居前から大岩の御神体前まで、宮司、7人の登り子、舞姫が並んで進み、神事が始まりました。
花の窟のお綱かけ神事は、まず7人の登り子が御神体の大岩の上へ登るためお綱をかけるための道具などを手渡されるところから始まります。
登り子が大岩に上がり、重りのついた紐を下ろすまで約20〜30分待ちます。紐がスルスルとおりてくると、その紐にお綱をかけて引き上げられます。ひきあげられたお綱が御神体の岩の上にくくりつけられると、お綱を国道42号を渡り、七里御浜海岸の波打ち際まで引き出し、真っ直ぐに伸びた状態から新宮方面へ移動し、お綱をかけます。
今年は10月にかけたお綱も残っており、新しいお綱と一緒に2本がかかりました。
お綱がかかり終えると神事が始まり、舞姫による舞の奉納が終わり、玉串の奉納が終わると餅まきが行われ祭りは終わります。
今年はよいお天気に恵まれ、青い空にお綱が映えていました。

関連リンク
2/2 お綱かけ神事 大きな写真で見る(くまどこブログ)
2016年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2015年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2013年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2012年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2011年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2010年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2009年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2008年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2007年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭
2006年2月2日 「花の窟神社」春期例大祭

>>関連リンク


バックナンバー
イベント報告
神事の始まり

イベント報告
7人の上り子

イベント報告
引き出されるお綱

イベント報告
七里御浜海岸の波打ち際まで引き出されるお綱

イベント報告
舞姫による舞の奉納
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.