東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 知事と語ろう!本音でトークin紀宝町
イベント報告

知事と語ろう!本音でトークin紀宝町(2005/10/24)  

野呂昭彦知事が県民と語り合う「知事と語ろう!本音でトーク」が10月22日、紀宝町保健センターで開かれ、県政全般について活発な話し合いが行われました。
野呂知事が県内各地に出向き、県民と特にテーマを定めずに県政について幅広く意見交換する取り組みで、熊野市、南郡から約40人が参加しました。
野呂知事は「今回で62回目となります。県民の皆様には、県政にご協力いただき、ありがとうございます」とあいさつしました。
三重県の現状について「戦後60年が経ち、日本は経済的に発展し、人口も倍以上になりました。現在では少子、高齢化が進み、これから人口減少時代に入ります。三重県は3年前から人口が減少し始めました。市町村合併が進み、69あった自治体が現在では45になりました。11月1日には41となり、来年1月10月には最終的に29の自治体になります」と説明し、「地域主権の社会においては『個の確立』が大事です」と話しました。
注目されている紀南中核的交流施設整備については、「事業を通して元気が出るようにしたい」との方針を示し、来春には本庁に東紀州対策局を設置し、県の組織として対応することを明言しました。
また、「県民しあわせプラン」を取り上げ、「県民しあわせプランは、おおむね10年先を見据えた三重県の方向を示す総合計画です。基本理念である『みえけん愛を育む“しあわせ創造県”』を県民と行政が協働で築くための長期的な道筋を示すものです。『新しい時代の公』の考え方を踏まえた、『県民が主役の県政』『県民との協働により創造する県政』『県民と共に感性を磨く県政』を県政運営の基本姿勢としています」と述べました。
意見交換に入り、参加者から「紀宝町井田の七里御浜海岸の浸食対策及び津波対策は、どうなっているのですか」との質問が出されました。
これに対し、野呂知事は「井田海岸の浸食は本当にすごい。県では、浸食対策事業を進めています。最終的には、原因を取り除くことが大切だと思っています」と答えていました。
このほか、みかんのマルチ栽培への補助や、RDF問題など多岐にわたる質問が寄せられ、すべて野呂知事本人が返答していました。


バックナンバー
イベント報告
「知事と語ろう!本音でトーク」に出席した皆さん

イベント報告
県政について語る野呂昭彦知事

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.