東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 「ウロコアート」作品展
イベント報告

「ウロコアート」作品展(2005/11/07)  

11月1日(火)〜6日(日)紀北町紀伊長島区のマンドロで、紀伊長島区在住の山本美代子氏による「ウロコアート」作品展が開催された。

熊野古道や季節の花など55点が、魚のウロコを使って表現されている。魚からウロコを取り、臭みやぬめりを取るために塩水で洗い、毎日水を替えて真水に1週間さらす。その後乾燥させてやっと材料として使えるようになる。作品制作そのものも根気の要る作業だ。作品にあわせて1枚ずつカットしたり色をつけたりする。桜やアジサイなどの花は、あらかじめ花びらを組み合わせてまず1つの花にする。その花をたくさん作って組み合わせてやっと作品になる。

作品に使用されているのは、ハトブダイ(アオブダイ)、ボラ、タイのウロコ。熊野古道の石畳や大きな花の花びらに使用されているハトブダイのウロコは1枚の直径が3〜4センチと大きい。このハトブダイは毒があるため、通常、漁師は網にかかっても捨ててしまうところを、捨てないように頼んで入手しているとのこと。今回の作品展で初めてハトブダイのウロコを見て感心する人も多く、山本さんは貴重な材料を「記念にどうぞ」と数枚を快く手渡していた。


バックナンバー
イベント報告
本物の桜の木とウロコの花びらで構成された八重桜

イベント報告
ツヅラト峠。人も石畳もウロコでできている。

イベント報告
ウロコの光がそのまま生かされている登り竜

イベント報告
材料になっているウロコ

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.