東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> まるごと食真農体感ツアー No.2
イベント報告

まるごと食真農体感ツアー No.2(2005/11/28)   

平成17年11月26日(土)〜11月27日(日)の2日間、熊野どいらいファーマーズ、熊野ときめき倶楽部が「まるごと食真農(くまの)体感ツアー」を開催しました。
2日目の27日は『熊野古道・松本峠〜鬼ケ城〜花の窟〜地産地消ネットワークキャラバン』と熊野の海・山・歴史を体感できる内容となっています。

午前8時40分頃、参加者22名は語り部の川邑(かわむら)さんらと共に、鬼ケ城近くの大泊登り口より登り始め、松本峠〜鬼ケ城を目指しました。
登り口近くの階段は平成のものですが、少し上がると道は江戸時代の石畳になります。この石畳は近くの石を使って作られているそうです。急な上り道が続きますが、みなさん元気に足を進めていきます。道の脇には昔お米を作っていたという場所もあり、見事な石積みに先人たちの苦労が偲ばれます。また道の側面の石もきれいに積み上げられ、お城の城壁のような雰囲気にも感じられました。

鉄砲傷のあるお地蔵さんに近づくと、石畳が江戸と明治時代の石が混在する道になりました。石の表面の質が明らかに違うことから見分けがつきやすく、参加者の方も「これは江戸、これは明治」といったように楽しく歩いていました。
9時10分頃、出発してから約30分でお地蔵さんに到着。語り部の川邑さんから、お地蔵さんにある鉄砲傷のお話などをお聞きしました。約300年もの間、静かに巡礼者を見守ってきました。
このお地蔵さんをバックに記念撮影した後、東屋へと向かいました。ここからは約25キロにわたって延々と続く浜海岸「七里御浜」が見渡せます。この絶景を前に「ほんとにきれいねー!」と声を上げて感動される方も多くいらっしゃいました。
ここで川邑さんは「きのもと節」をアカペラで唄ってくださいました。みなさん見事な歌声に聞き入り、唄い終えると拍手喝采でした。
少し休憩をした後、鬼ケ城へと向かいました。次は下り道になります。

途中にある鬼の見張り場で雄大な熊野灘を見渡しました。ここからの眺めはまさに絶景ですね。下を見るとバスを降りた場所が見え、知らず知らずけっこうな距離を歩いていたことに、驚いた様子で話をされている方もみえました。みんなで楽しく歩いてきたので、近く感じられたのでしょうね。
しばらく桜の道を進み、10時20分頃、鬼ケ城東口駐車場へ到着。ここから鬼ケ城・千畳敷へと足を運びました。
世界遺産にも登録されている「鬼ケ城」は大自然が作り出した芸術とも呼ばれるもので、数回の地震による隆起でできています。
参加者は岩肌に触れ、間近で見る事でその圧倒的な迫力を感じられている様子でした。記念撮影をし、千畳敷をあとにしました。

ここからはバスに乗り、「花の窟神社」へと向かいます。日本書紀にも登場するこの神社は巨大な岩をご神体とし、日本最古の神社ともいわれています。11時頃到着し、鳥居の前で記念撮影。ご神体の前で川邑さんより、古来より2月10日と10月10日に行われて続けている例大祭・お綱掛け神事の話、国生みの話などを聞きました。お参りを行った後、神社の前にある茶屋で一休み。
再びバスに乗り、最終目的地・御浜町の道の駅「パーク七里御浜」へと向かいます。

三重県の「地産地消ネットワークキャラバン」が行われているこの会場では『海と里とのめぐり逢い「熊野の食卓」(熊野ときめき倶楽部主催)』に参加しました。
参加者は魚のさばき方などを教わりながら、自分で料理したお刺身を召し上がっていました。他にも熊野を代表する特産品・さんま寿しや、たかな寿司などに舌鼓。やはり体を動かした後の食事は格別ですね。参加者の皆さんは食事にも大満足のご様子で、大変おいしい!大満足!との声も聞かれました。
しっかり体を動かし、美味しい食事をすませた後は七里御浜で一休み。

今回の体験ツアーの感想をお聞きしたところ、男性の参加者は「食事、海、山を体験しましたが、3拍子そろう以上に、4拍子5拍子も楽しむことができました。また機会があれば、是非熊野に来たいと思います」また、「とにかく天気も良く、先日のみかん収穫体験なども大変楽しめました。やっぱり熊野の食べ物はおいしかった!」との声も聞かれました。
ツアー2日間にわたり天気も良く、熊野を体験するには絶好の日和だったと思います。
参加者のみなさんは午後3時頃、帰路につかれました。今日は古道歩きなどでお疲れになったことと思います。どうぞごゆっくりとお休み下さい。また熊野へのお越しをお待ちしております。


バックナンバー
イベント報告
松本峠・鉄砲傷のあるお地蔵さんの前で記念撮影

イベント報告
熊野灘を見渡せる「鬼の見張り場」絶景!

イベント報告
迫力満点の鬼ケ城

イベント報告
ご神体を前にすると荘厳な気持ちになります。

イベント報告
体験「熊野の食卓」新鮮な魚を料理しました
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.