東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> もう一つの古道「矢の川峠」映画「道」が御浜中央公民館で上映されました。
イベント報告

もう一つの古道「矢の川峠」映画「道」が御浜中央公民館で上映されました。(2007/02/16)  

2月16日(金)午後7時から御浜中央公民館で、 昭和34年制作 東映児童劇映画「道」上映会が昨年12月6日に熊野市民会館に引き続き開催されました。
熊野市民会館と同じように御浜中央公民館も満員となり、700席が埋まり会場が熱気に包まれました。
最初に上映実行委員長を代表して会長の福村直昭さんからの挨拶があり、その後当時国鉄バス紀南線の運転手として長い間矢ノ川峠を越えられていた久保芳治さんと、この映画を探し出した発起人の杉谷俊明さんのパネルトークがおこなわれました。
パネルトークでは、熊野市民会館では見られなかった貴重な写真を見ることができ、矢の川峠について詩や旅行記を残している吉川英治にスポットを当てました。
当時の矢の川峠が主要道路として、どれだけ大切だったかわかる貴重なパネルトークとなりましたし、久保芳治さん(87歳)のお話は、ユーモアがあり、会場から笑い声が何度もおこりました。
御浜中央公民館でも当時を懐かしむ人、子どもにも見せようと親子連れで来た方が目にとまりました。
歴史の中に消えてしまった「矢の川峠」だが、今も地域の人の心の中にしっかりと記憶され、愛されていることが感じ取れました。
次回は、尾鷲市民文化会館で3月16日(金曜日)PM6時会場,PM7時開演が予定されています。

熊野市民会館での上映(2006.12.6)


バックナンバー
イベント報告
パネルトークをおこなう久保芳治さんと杉谷俊明さん

イベント報告
なんと1時間30分程前から待っていた人も

イベント報告
御浜中央公民館を埋めた来場者

イベント報告
2階ロビーのパネル展示、懐かしい写真に見入る人たち

イベント報告
お客様を迎える福村直昭さん、久保芳治さん、杉谷俊明さん
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.