東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 8/24 子ガメの放流が市木海岸でおこなわれました。
イベント報告

8/24 子ガメの放流が市木海岸でおこなわれました。(2007/08/24)

8月24日(金)快晴に恵まれた七里御浜の市木海岸で午前10時から子ガメ120匹の放流が市木保育所の園児(みどり組さん23名)によっておこなわれました。
平成19年度の御浜町へのウミガメの上陸は6回、その内5回の産卵が確認され、489個が産卵されその中から265匹がふ化しました。その内の120匹を今日七里御浜から熊野灘へと旅立たせました。
最初に紀宝町ウミガメ保護監視員代表 萩野進也氏より子どもたちにウミガメについて、ウミガメの海への離し方の説明を受け練習し、波打ち際へと移動し、そこからバケツに入ったウミガメを小さな手で大切に取り出し、そっと砂利浜に置き、海へと向かう子ガメたちを見送りました。
小さな子ガメたちが、転げながら海へと向かう姿に「元気でね〜」とかわいい声援が飛び交いました。
子ガメは遠くカリフォルニア沖まで行って、8年から10年で戻ってきますが、戻って来れるのは5000匹に1〜2匹だそうです。
次回は、平成19年8月29日(水)午前10時から阿田和海岸(ピネ黒潮橋前の海岸)から阿田和保育園の子どもたちが放流します。この子ガメの放流は見学することも出来ますので、ぜひ大海原へと旅立つ小さな命をご覧下さい。(雨天、荒天の時は延期します)

◆お問い合わせ
御浜町役場産業建設課
産業振興係
電話:05979-3-0517

動画のURL:http://kumadoco.net/movie/detail.cgi?no=230


バックナンバー
イベント報告
波打ち際で一斉に子ガメを離します。

イベント報告
最初は、小さなバケツに子ガメを入れてもらいます。

イベント報告
子ガメの離し方の練習

イベント報告
砂利浜を転げるように海へ向かう子ガメ

イベント報告
青い海へと向かって行きました。
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.