東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 3/1 尾鷲おひなさままつり〜天満荘でのイベント模様
イベント報告

3/1 尾鷲おひなさままつり〜天満荘でのイベント模様 (2008/03/01)  

 この3月1日、2日に「天満荘」を会場にNPO法人「天満浦百人会」によるひなまつりイベントが行われた。
 これは2月25日から3月9日にかけて尾鷲各地を会場に行われている「尾鷲おひなさままつり」の一環としておこなれるもので、大正14年建築の趣のある「天満荘」の建物を使って市民から集められた昭和初期から昭和40年代のひな人形30セットの展示のほか昼食やお菓子・抹茶を楽しんだり、夜の行灯点灯・ライトアップなどが行われました。

 レポーターは1日(土)の13時頃会場へ、入り口で着物姿のスタッフの方に出迎えていただき、まず受付でお菓子・お抹茶付きの入場チケット(500円)を購入し中に入ります。
 すると玄関から和室の各間に昭和初期から昭和30年代、40年代と各年代のひな人形や市松人形が展示され年代によって人形の飾りや材質、飾り方などの違いがよく分かり大変興味深かったです。
 特に大広間に飾れた昭和40年代のひな人形は10セットが一斉に並べられ圧巻でした。
 見学を終えると喫茶スペースで手作りのお菓子と抹茶を堪能し早春のひとときを楽しみました。
 帰りに駐車場前で天満百人会の方々がお手製のさんま寿司やひな人形、地元特産品(干物、漬物)を販売されていましたのでさんま寿司と粕漬けを購入しライトアップがされる夕暮れまで一旦、尾鷲ひなまつりの他会場に行きました。

 その日の夕刻。再度、天満浦を訪れると天満築港から天満荘までの道に行灯が点されそれを頼りに天満荘に着くと庭がライトアップされ綺麗でした。再度、中に入りひな人形の展示を見ましたが、夜もまた趣があり楽しめました。

※尾鷲おひなさままつりは3月9日(日)迄 開催中
 ・天満荘は3/1〜3/2迄
 ・夢古道おわせは3/9迄
 ・椿茶屋は3/7迄
 ・中井町通りは3/8迄
 それぞれ会場、通りでおひな様を飾ります。


バックナンバー
イベント報告
会場の天満荘

イベント報告
昭和30年代のひな人形(この時まではおひな様の頭の飾りが金の装飾など豪華だったとのこと)

イベント報告
一挙に並べられて圧巻の昭和40年代のひな人形(40年代以降はおひな様の頭の飾りが派手でなくなったとのこと)

イベント報告
灯りが点された行灯(くまどこも協賛しました)

イベント報告
夜も多くの方が訪れました
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.