東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報
新着情報

8/26 未来の漁村文化について考えるイベント「漁村×学シンポジウムin九鬼町」が開催されます※入場無料・できる限り要申込(当日受付可)(2017/08/23)   

 昔ながらの漁村風景や伝統行事を受け継ぐ尾鷲市南部の「九鬼町」でこの8月26日(土)に未来の漁村文化について考えるイベント「漁村×学シンポジウムin九鬼町」が開催されます。

 これは日本の地域課題の多くを抱える現代の「漁村」をキーワードとして、領域横断的な学術知と、地域の実践知の出会いの場をつくり、未来の漁村を妄想し実現する人材を漁村に誘致し、新たなネットワークをつくるために開催される講演イベントです。

 記念すべき第1回となる今回は、全国の漁村建築を研究対象として活動されている建築学者の川窪広明氏、下田元毅氏、宮崎篤徳氏から漁村ならではの建築や文化のお話を、また、哲学者の竹田青嗣氏に哲学と「学ぶこと」についてのお話を伺います。

 入場無料で定員100名。当日受付も可能ですができる限り事前にお申込み願います。

○申込み先
漁村×学シンポジウム実行委員会事務局(実行委員長・豊田宙也)
電話:080-1329-4483
電子メール:gyoson.symposium@gmail.com



■概要
○日時
 平成29年8月26日(土)14時00分〜
○場所
 九鬼漁村センター【地図

○プログラム(予定)
14時00分〜14時10分 
 開会あいさつ
14時10分〜14時40分 
 川窪広明(大手前大学/建築学) 
 基調講演「漁村×学とは?」
14時40分〜15時10分 
 竹田青嗣(早稲田大学/哲学) 
 講演「リアス式海岸と哲学」
15時10分〜15時40分 
 下田元毅(大阪大学/建築学) 
 講演「風土のカタチ」
15時40分〜16時00分 休憩
16時00分〜16時50分 
 トークセッション「漁村に大学をつくろう」
 竹田青嗣、川窪広明、下田元毅、宮崎篤徳(関西大学/建築学)
 司会:九鬼町地域おこし協力隊 豊田宙也

16時50分〜17時00分 閉会あいさつ

※公共交通 JR九鬼駅より徒歩15分
※尾鷲市ふれあいバス八鬼山線「漁業組合前」下車
※車でご来場の方は、事前にお問い合わせを
※当日参加OKですが、なるべく予約を

○駐車場について
九鬼町内には車道が海沿いの一本のみ駐車場も少ない現状です。
今回のシンポジウムへご来場される皆様におかれましては、旧九鬼中学校グラウンドにございます「九鬼コミュニティセンター」正面駐車場【地図】をご利用くださいますよう、お願い申し上げます。



>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース
(資料画像)尾鷲市南部の漁村「九鬼町」

最新ニュース
昔ながらの漁村風景が今も残ります

最新ニュース
正月に行われる「にらくら」祭りや鰤祭りをはじめ今なお伝統の祭りが受け継がれています

最新ニュース
新鮮な九鬼の魚が食べられる漁村レストラン「網干場(あばば)」

最新ニュース
九鬼町にある古民家を改装した移住体験施設「みやか」。このシンポジウムからほぼ1か月間東京大学の学生4名が滞在して尾鷲の地域課題解決に向けた活動を行います。
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.