東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> 新着情報 >> 後世に美しい棚田の景観を受け継ぐため「丸山千枚田保存会員」を広く全国から募集します【3/27現地説明会開催】
新着情報

後世に美しい棚田の景観を受け継ぐため「丸山千枚田保存会員」を広く全国から募集します【3/27現地説明会開催】(2013/03/13)  

 日本の原風景「丸山千枚田」を稲作作業を行うことで保全している「丸山千枚田保存会」ではこの度、同地区内外を問わず全国から広く会員を募集いたします。



 かつては2240枚を数えた丸山千枚田ですが、過疎高齢化による担い手不足と過酷な作業が敬遠され、平成に入ると530枚となり、荒廃した棚田となっていました。
 そういった危機的とも言える状況の中で、丸山地区の方たち自らが「自分らの代で千枚田を無くすわけにはいかん!」と立ち上がり、平成5年に「丸山千枚田保存会」を結成させ、大きく育った杉の木の掘り起こしや床づくりなど一からの田圃づくりの末に5年をかけて今の1340枚という棚田となりました。

 今日このように、保存会や地域住民やオーナー様などのご協力による保全活動により、日本の棚田100選にも選ばれるほど美しい景観が維持されて、毎年多くの方に訪れていただいていますが、同保存会結成から20年近く経ち結成時からの会員の高齢化や地域の過疎化が進む中で、近年は会員確保が課題となっています。

 そこでこの度、定期的に丸山千枚田の保全作業を担っていただく同保存会々員を、居住地区や年齢などの募集範囲は定めず広く全国から募集するに至りました。

 つきましては丸山千枚田の保全活動に賛同いただける方やご興味のある方は、下記のとおり現地説明会において作業内容や別途、オーナー制度などについて説明を行いますので、ご参加いただきますようお願いいたします。
 是非、後世に美しい棚田の景観を受け継ぐべくご協力お願いいたします。
 なお別途で只今、平成25年度の千枚田オーナーも募集しておりますのでそちらもよろしくお願いいたします【詳細】。

【丸山千枚田保存会々員 現地説明会】
●日時:
 平成25年3月27日(水) 14:00〜15:00
●場所:
 熊野市丸山アクティブセンター【地図
  (熊野市紀和町丸山201−1)
●内容:
 会員の作業内容やスケジュール、オーナー制度などについて

●お問い合わせ先
熊野市地域振興課 
担当:森岡雅貴
電話:0597-97-1115
FAX:0597-97-0641


>>関連リンク

バックナンバー
最新ニュース

最新ニュース
四季を通じて美しい風景をつくる丸山千枚田

個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.