東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報
イベントカレンダー NEW
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告
イベント報告

6/16 熊野古道自然学校「コケの観察会〜蘚苔類って何?」が開催されました(2018/06/17)  

6月16日(土)午前10時から三重県立熊野古道センター主催の熊野古道自然学校「コケの観察会〜蘚苔類って何?」が、昨年に引き続き講師に山田 耕作氏(理学博士)を招き開催されました。
熊野古道周辺の自然や植物、生きものについて学ぶ熊野古道自然学校の第2回となった今回のコケ植物の観察会も昨年同様多くの方が参加し、専門的なお話やコケの種類についてなどを講師の山田 耕作先生からお聞きしました。
前半は、前回の時に質問があった、「コケ」の研究をされている先生方は、どうして「和名」を使わず「学名」を使われるのでしょうか?といった質問に山田先生が答えてくれました。普段あまり馴染みのないラテン語を使っているのですが、その名前のつけ方がどの仲間で、どのような分類になっていくかが実はとてもわかりやすくしているのが学名であり、その意味を理科すれば学名の方がわかりやすいものだということがわかりました。
しかし、やはり馴染みのないラテン語は簡単に扱えるものでもないことを感じながら、新種のコケの登録などにかかった経緯を聞きながら、大変なご苦労の連続だったことを知ることができました。
その後、今回の屋外での観察会に熊野古道センター横にある村嶋不動滝に向かいながらその周辺のコケを観察しました。
山田先生は、ここにあるコケを育たなくするには、またコケのない場所は何故なのか?などを投げかけながら、参加者のみなさんと考えたり、水を好むコケなどコケの特徴について話しながら観察会をおこないました。
参加者はルーペで覗いたり、写真を撮りながらコケについて熱心に学んでいました。
屋外での観察会を終えたあと、熊野古道センターに戻って山田先生を囲んで、山田先生がはじめてコケについて書かれた書籍の苦労話などを聞きながらお昼過ぎに観察会は終了しました。


【講師紹介】
山田 耕作氏(理学博士)
三重県立宇治山田高等学校、三重県立松阪高等学校教諭、伊勢神宮司庁営林部嘱託などを歴任後退職。苔類のうち、アジアのケビラゴケ科の研究を続けてきたが、近年は南米産の同科の研究も行っている。三重県、愛知県の蘚苔類の分布・保護について尽力している。現在までに苔類の分類の論文約200篇を発表。世界で唯一の蘚苔類専門研究機関、公益財団法人 服部植物研究所非常勤研究員。(熊野古道センターHPより抜粋)


関連リンク
2018年6/16 熊野古道自然学校「コケの観察会〜蘚苔類って何?」へ 大きな写真で見る(くまどこブログ)
2017年6/3 「コケの観察会〜ミクロの世界をのぞいてみよう〜」の様子
2017年 6/3 コケの観察会〜ミクロの世界をのぞいてみよう〜(尾鷲市) 大きな写真で見る(くまどこブログ)
三重県立熊野古道センター

>>関連リンク


バックナンバー
イベント報告
村嶋不動滝周辺のコケ観察

イベント報告
山田 耕作先生

イベント報告
熱心に学ぶ参加者のみなさん

イベント報告

イベント報告
山田 耕作先生を囲んで
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.