東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 1/10 産田神社例大祭がおこなわれました。
イベント報告

1/10 産田神社例大祭がおこなわれました。(2010/01/10)

1月10日(日)午前10時より産田神社例大祭が今年もおこなわれました。
この日は、穏やかなお天気となり、例年にないくらい暖かな日に恵まれました。
午前10時に神事が始まり、それに合わせるように多くの人が産田神社を訪れました。
熊野市有馬町にある産田神社の歴史は古く、弥生時代からつづく神社と言われ、「ひもろぎ」と呼ばれる石積みが残り、神殿も無かった古代の神社の原形といわれ、全国でも 2個所しかないと言われる神社の一つです。
日本書紀に登場するイザナミノ尊がカグツチノ神を産んだ場所として伝えられ、この神話に由来して、産田神社は安産と子育ての神様として知られています。
毎年1月10日に「子供の健やかな成長と、安産」を願い、祭礼が執り行われます。
境内手前の社殿の中では、「奉飯」と呼ばれる膳(汁かけ飯、サンマの骨付き姿寿司、生魚の唐辛子和え)を頂く事ができ、子供の健やかな成長を願って「奉飯」を子どもに、そして家族が食べます。(予約が必要)
「奉飯」は、汁かけ飯、サンマの骨付き姿寿司、イカの青のり和え、甘酒がついています。
ほとんどの方は、汁かけ飯やイカの青のり和えを食べ、サンマの骨付き姿寿司は家に持って帰る場合もありますが、本日はさんま寿司が大好きな男の子が1本のさんま寿司をきれいに食べていました。(さすがは熊野の子!)
また、ここは「さんま寿司発祥の地」となっており、毎年サンマ寿司の振る舞いや販売もおこなわれています。
そして産田神社例大祭には欠かせない、うぶたみやげ「粟おこし」を最後に買って神社を後にしました。
産田神社は安産の神様とされ信仰が深く、境内内に敷き詰められた白い石は、子供を授かった時に安産を祈願して、1個後ろ向きに拾います。
その石が丸ければ女の子、長細ければ男の子が生まれると伝えられ、無事生まれた後のお宮参りの時に、七里御浜海岸で白い石を拾い、元の石と一緒に返します。
そんな風習が今も大切に引き継がれています。
本日もお腹の大きな女性や、小さな子供を連れた家族が多く訪れ、大切な子どもの健やかな成長を祈りました。

関連リンク
2009年の産田神社例大祭
2008年の産田神社例大祭
2007年の産田神社例大祭
くまどこ百科事典:『産田神社』


バックナンバー
イベント報告
産田神社での神事

イベント報告
巫女の舞の奉納

イベント報告
弓引き神事

イベント報告
奉飯 奥の紙に包まれているのが背骨のついたさんま寿司

イベント報告
祭りの最後には餅まきがおこなわれます。
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.