東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 1/6 大馬神社例祭(弓引き神事)が開催されました。
イベント報告

1/6 大馬神社例祭(弓引き神事)が開催されました。(2011/01/06)

1月6日(木)熊野市井戸町大馬にある熊野国総鎮守として名高い大馬神社(奥の院)において大馬神社例祭(弓引き神事)がおこなわれました。

これは井戸町内の氏子より順番で祭礼を取り仕切る当屋を決め、その当屋より弓引きと弓取りが各2人ずつ選ばれ、毎年1月6日に一年の平安を祈願して、弓引き神事が行われます。
引きに選ばれた若者2人と、弓取りに選ばれた男の子はまず、身を清めるために裸になり大馬神社内を流れる川につかり、禊ぎを行います。禊ぎを行った後、弓引きは直垂に烏帽子姿に、弓取りは白装束姿に着替え、本殿に向かいお祓いを受けます。お祓いを受けた弓引きと弓取りは藁を敷き準備された場所で、6回ずつ計12本の矢を放ちます。的までの距離は約15m、的の大きさは約90cmです。

今年は、午前10時15分頃 鳥居より宮司や弓引きをおこなう少年などが境内に移動し、神事が始まりました。
厳かに神事が進み終わると、鳥居前の広場で弓引き神事がおこなわれます。
午前9時頃に水垢離によって禊をした少年たちは、弓引き役は烏帽子・直垂姿に、矢取り役は白装束の姿になり、6回ずつ合計12本の矢を放ちます。的に弓矢が当たると回りから大きな歓声と拍手がおこりました。
全ての矢を打ち終えると、餅まきがおこなわれ、大馬神社例祭は終了となります。
ここ数年、毎年大馬神社例祭に足を運んでいますが、取材に訪れるTV関係者や新聞社の方々と話をしていて、共通の話題が、ここで振る舞われるうどんの美味しさです。
寒い中神事をずっと見守り、鳥居まで降りてきたときに、鶏肉の入ったうどんが振る舞われるのですが、冷えきった体に暖かなうどんはとても美味しく、取材陣からは「ここのうどんが一番美味しい!」との声も聞かれるほどです。
余談でしたが、そんな楽しみもある大馬神社例祭です。

■大馬神社の伝説
桓武朝の御世(737〜806)に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が『鬼ヶ城』で討ち取った鬼の首魁 多娥丸(たがまる)の首を地中に埋めて、その上に社を県立し、当時の熊野国総鎮守としたと言われています。
その後、江戸時代に智興和尚という僧がこの話を伝え聞いて参詣しようとしたところ、『花の窟』の辻あたりで大きな葦毛の馬に乗った田村麻呂の御霊が現れて社まで案内しました。田村麻呂が大きな馬に乗っていたことから大馬神社と呼ばれるようになったと言われています。
また、田村麻呂の愛馬が一緒に埋められたことから「大馬」とも、「大魔を封じた社」が転じて「大馬」となったとも言われています。

関連リンク
平成22年 大馬神社例祭 弓引き神事
平成21年 大馬神社例祭 弓引き神事
平成18年 大馬神社例祭 弓引き神事
平成17年 大馬神社例祭 弓引き神事


バックナンバー
イベント報告
大馬神社の弓引き神事

イベント報告
神事の始まり

イベント報告

イベント報告
巫女の舞

イベント報告
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.