東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 1/2 神内神社お弓行事がおこなわれました。
イベント報告

1/2 神内神社お弓行事がおこなわれました。(2016/01/02)

紀宝町神内の神内神社で1月2日(土)にお弓行事がおこなわれました。
神内神社は、この地域に多くある巨岩信仰の1つで大岩が御神体の神社であり、別名、「子安神社」と呼ばれ、安産の神様としても有名です。毎年だいたい1月2日におこなわれているのですが、私も今回訪れるのが初めての神事でした。
午前9時から神内神社宮本殿にて神事がおこなわれ、弓を射る4人の頭衆を始め、行事に参加する矢を取りに行く男の子2人、頭衆の家の女児が2人、そして参加者の方がお祓いを受けます。
神事が終わると神社の田である「お宮の田」に向かうため、神社鳥居前に整列し歩き出します。
女児が2人は御供持ちで、その後に男児2人、そして弓を射る4人の頭衆が続き歩き出します。
「お宮の田」までは、歩いて約5分ほど、そこにしめ縄飾りが施された的があり、その前でお祓いを受け、その後矢を射って豊作を祈願します。
他の資料には「鬼の字を書いた的」と書いてあるのですが、表向きは2重の丸が描かれた的でした。こちらのことは機会があれば詳しく聞いてみたいと思います。
弓引きは、午前10時より始まり、烏帽子姿の頭衆2人(若い人)が2本づつ7回矢を射って、それで今年の稲の豊作を祈願します。
今年の弓引きは、的の真ん中にも3本当たり、とても豊作が期待されるとのことです。
最後に4人が2本づつ交互に空に向かって遠く矢を30本ほど射り終わりとなります。
このお弓行事は、弓行事の後、神社のご神体である岩窟の前で頭渡しが行われ、その年の頭衆と翌年の頭衆が向かい合ってお互いの額をつけ、頭衆の印である数珠を引き継ぎがおこなわれるのですが、そちらの写真は来年撮れたら紹介したいと思います。

関連リンク
2016年1月2日 くまどこブログ 神内神社お弓行事(紀宝町神内):1
2016年1月2日 くまどこブログ 神内神社お弓行事(紀宝町神内):2


>>関連リンク


バックナンバー
イベント報告
弓を射る4人の頭衆

イベント報告
神内神社宮本殿にておこなわれた神事

イベント報告
「お宮の田」へ歩いて移動します。

イベント報告
「お宮の田」へ作られた的を射る頭衆

イベント報告
的の前での記念撮影
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.