東紀州ほっとネットくまどこ

                     

東紀州ほっとネットくまどこ

〜世界遺産への道〜熊野古道
日本語 English
くまどこライブカメラ
東紀州何でも辞典
熊野古道
観光情報 NEW
イベントカレンダー
東紀州百科事典
店舗・施設情報
くまどこムービー
コラム
くまどこに集まろらい!
仲間づくり
くまどこ掲示板
クチコミ情報
くまどこ自慢の逸品
ショッピングモール
暮らしのお役立ち
くらしの情報
防災情報
東紀州のお天気
リンク集
くまどこで遊ぼらい!
ホームページをつくろう!
フィールドレポート
地域別ページ
紀北町 御浜町
尾鷲市 紀宝町
熊野市  
  くまどこ会員登録
  東紀州
達人ライター募集
  オリジナルグッズ
  特集
  リンクバナー
メールマガジン(会員登録へ)
東紀州ほっとネット くまどこ
当サイトはどなたでもご自由にリンクしていただいて結構です。よろしければ上のバナーをお使いください。

ホーム >> イベント報告 >> 〜笑いの祭典講座〜
イベント報告

〜笑いの祭典講座〜(2006/02/08)  

2月6日(月)尾鷲市矢浜公民館で、もてなしのさとづくり会議 人づくり部会主催の第3回紀北おもしろゼミナールが開催された。今回は大分大学医学部教授で日本笑い学会理事の安部剛(あべごう)氏を招き、「笑って元気になる〜笑いの祭典講座〜」と題して講演会が行われた。安部氏は各地に受け継がれている笑いの祭りを研究しており、尾鷲市矢浜野田地の山の神(山の神にオコゼを見せて笑う神事)についても研究。一年前に当地を訪れた際に、部会長の松井氏が「来年の山の神の前日に」と講師依頼をしたところ快諾いただき、この日の講座が実現した。

『日本では古くから、怒る・泣く・感動・恐怖などさまざまな感情に関して、表現を抑制する傾向にあった。「笑い」については、落語・狂言などプロの技を芸能として一般の人が楽しんだ。』と言われ、なんとなくわかっていたようで気づいていなかった「笑い」の日本文化について「なるほど・・・」と感心させられた。

一般に笑いの心理的な作用として、親しみやすくなる・心が解放される・ストレス解消などがあげられるが、医学会でも笑いの効果が注目されてきており、最近ではリウマチの痛み緩和や糖尿病の血糖値上昇抑制、NK細胞(ガン細胞やウイルス感染細胞を攻撃して殺す)の活性化などについてテレビで放送された。講演会でもビデオで紹介し「おおいに笑いましょう」と、全国の笑いの祭りなどが紹介され、お話を聞きビデオを見ながら会場は終始笑いにつつまれた。

また、お祭りで売っていた「笑い」をうたった餅などの土産物を、講師の安部氏が持参。後に実施された、「笑い講」のトーナメント戦の賞品として提供された。「笑い講」とは、山口県防府市に伝わる神事で、2人1組になって榊を手に大きく3回笑う。笑い声が小さかったり笑い方が不真面目だと、長老からやり直しを命じられるというもの。会場から選抜された4名による勝負は、いずれも引き分け。講師持参のお土産類は、会場のみんなでいただいた。最後は、部会副会長の津村氏・事務局担当の尾上氏・講師の安部氏の3人による「笑い講」で締めくくった。

日本笑い学界
笑い講
もてなしのさとづくり会議


バックナンバー
イベント報告
身振り手振りいっぱいで楽しく話す講師の安部氏

イベント報告
雨にもかかわらず満員の会場

イベント報告
ナント賞品持参!

イベント報告
特設舞台で選抜メンバーによる「笑い講」

イベント報告
みんなでいただいた賞品のお土産
個人情報の取り扱いに関してサイトご利用上の注意
東紀州ITコミュニティ
三重県熊野市有馬町
E-mail:info@kumadoco.net
Copyright(c) KUMADOCO.NET All Rights Reserved.